さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

形成

 
港の町に        独り住みて       上京せむ        港の女学校に      
とはに続かむ      北の涯の        今ひとつの       秋草に         
みたさるる       暮れ果つるまで     山裾の         よろぼへる       
真向より        悔さへも        
 
 
 

05081
港の町に ひとり赴任せし 遠き日を 思ふ病みゐし 父も既に亡し
ミナトノマチニ ヒトリフニンセシ トオキヒヲ オモフヤミヰシ チチモスデニナシ

『形成』(形成発行所 1955.2) 第3巻2号(通巻22号) p.6


05082
独り住みて 潮鳴り高き 冬の夜々 三陸はシベリアの 如しと思ひき
ヒトリスミテ シオナリタカキ フユノヨヨ サンリクハシベリアノ ゴトシトオモヒキ

『形成』(形成発行所 1955.2) 第3巻2号(通巻22号) p.6


05083
上京せむ 決意のゆらぐ 日もありき 明るく生徒らに 取り巻かれつつ
ジョウキョウセム ケツイノユラグ ヒモアリキ アカルクセイトラニ トリマカレツツ

『形成』(形成発行所 1955.2) 第3巻2号(通巻22号) p.6


05084
港の女学校に 勤めゐて君と 結ばれし 日を恋ふひとり 病めば寂しく
ミナトノジョガッコウニ ツトメヰテキミト ムスバレシ ヒヲコフヒトリ ヤメバサビシク

『形成』(形成発行所 1955.2) 第3巻2号(通巻22号) p.6


05085
とはに続かむ 幸と思ひき リアス海岸の 入江の街に 君と住みつつ
トハニツヅカム サチトオモヒキ リアスカイガンノ イリエノマチニ キミトスミツツ

『形成』(形成発行所 1955.2) 第3巻2号(通巻22号) p.6


05086
北の涯の 海のひびきの なつかしく 失ひし夢 また復るなし
キタノハテノ ウミノヒビキノ ナツカシク ウシナヒシユメ マタカヘルナシ

『形成』(形成発行所 1955.2) 第3巻2号(通巻22号) p.6


05087
今ひとつの 絆絶つとも なまなかの 若さもちて長く 苦しみゆかむ
イマヒトツノ キズナタツトモ ナマナカノ ワカサモチテナガク クルシミユカム

『形成』(形成発行所 1955.2) 第3巻2号(通巻22号) p.6


05088
秋草に うもれて返り 咲くつつじ 浅間はあはき 噴煙をまとふ
アキクサニ ウモレテカエリ サクツツジ アサマハアハキ ケムリヲマトフ

『形成』(形成発行所 1955.2) 第3巻2号(通巻22号) p.6


05089
みたさるる 日はとはになき 思慕かとも 秋草枯るる 野に歩み出づ
ミタサルル ヒハトハニナキ シボカトモ アキクサカルル ノニアユミイヅ

『形成』(形成発行所 1955.2) 第3巻2号(通巻22号) p.6


05090
暮れ果つるまで 浅間山見て 帰り来ぬ 日記を閉ぢて のびのびと寝む
クレハツルマデ アサマヤマミテ カエリキヌ ニッキヲトヂテ ノビノビトネム

『形成』(形成発行所 1955.2) 第3巻2号(通巻22号) p.6


05091
山裾の 湿原をさまよひ 来し一日 帰らぬ人に 又こころ寄る
ヤマスソノ シツゲンヲサマヨヒ コシヒトヒ カエラヌヒトニ マタココロヨル

『形成』(形成発行所 1955.2) 第3巻2号(通巻22号) p.6


05092
よろぼへる 心よ深き つまづきを 如何に処理して 踏み石とせむ
ヨロボヘル ココロヨフカキ ツマヅキヲ イカニショリシテ フミイシトセム

『形成』(形成発行所 1955.2) 第3巻2号(通巻22号) p.6


05093
真向より 恚り向け得む相手に あらぬこと 又底ひなき 寂しさを呼ぶ
マツカウヨリ イカリムケエムアイテニ アラヌコト マタソコヒナキ サビシサヲヨブ

『形成』(形成発行所 1955.2) 第3巻2号(通巻22号) p.6


05094
悔さへも 深くちりばめて 生きなむか 自在に描く 未来は遠し
クイサヘモ フカクチリバメテ イキナムカ ジザイニエガク ミライハトオシ

『形成』(形成発行所 1955.2) 第3巻2号(通巻22号) p.6