さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

形成

 
助成金も        子供会を        基地の近き       わが知らぬ       
交叉路を        内側に         読みさしの       息詰めて        
既に無理は       藤浪も         夢の中に        
 
 
 

05011
助成金も 削られたりと 言ふを聞く 「子供守る会」の 記事取りに来て
ジョセイキンモ ケズラレタリト イフヲキク コドモマモルカイノ キジトリニキテ

『形成』(形成発行所 1954.7) 第2巻7号(通巻15号) p.6


05012
子供会を 終へて幼な等 帰りゆけば ただ静かなリ 庫裏の君が部屋
コドモカイヲ オヘテオサナラ カエリユケバ タダシズカナリ クリノキミガヘヤ

『形成』(形成発行所 1954.7) 第2巻7号(通巻15号) p.6


05013
基地の近き ことにも触れつつ 子供会を 守り抜かむと 語る君若し
キチノチカキ コトニモフレツツ コドモカイヲ マモリヌカムト カタルキミワカシ

『形成』(形成発行所 1954.7) 第2巻7号(通巻15号) p.6


05014
わが知らぬ 読者より励まし 来し手紙 校正を終へたる 夕べに読めり
ワガシラヌ ドクシャヨリハゲマシ コシテガミ コウセイヲオヘタル ユウベニヨメリ

『形成』(形成発行所 1954.7) 第2巻7号(通巻15号) p.6


05015
交叉路を 越え来し女工員の 隊列より 今し湧き起る ザ・バイカル湖の唄
コウサロヲ コエコシジョコウインノ タイレツヨリ イマシワキオコル ザバイカルコノウタ

『形成』(形成発行所 1954.7) 第2巻7号(通巻15号) p.6


05016
内側に 踏み入るを避けて 語らへば かたみに寂し 君も独り身
ウチガワニ フミイルヲサケテ カタラヘバ カタミニサビシ キミモヒトリミ

『形成』(形成発行所 1954.7) 第2巻7号(通巻15号) p.6


05017
読みさしの 聖書ロマ書の 一章を 今日来し妹も 母も見つらむ
ヨミサシノ セイショロマショノ イッショウヲ キョウコシイモウトモ ハハモミツラム

『形成』(形成発行所 1954.7) 第2巻7号(通巻15号) p.6


05018
息詰めて 向ひ風に堪ふる 姿勢とも 人を疎みて こもる日続く
イキツメテ ムカヒカゼニタフル シセイトモ ヒトヲウトミテ コモルヒツヅク

『形成』(形成発行所 1954.7) 第2巻7号(通巻15号) p.6


05019
既に無理は きかぬ年齢と 思ふ身に たはやすく人は 離別を勧む
スデニムリハ キカヌヨワイト オモフミニ タハヤスクヒトハ リベツヲススム

『形成』(形成発行所 1954.7) 第2巻7号(通巻15号) p.6


05020
藤浪も 美し来よと 便りくれし 奈良の教へ子を 一日思へり
フジナミモ ウツクシコヨト タヨリクレシ ナラノオシヘゴヲ ヒトヒオモヘリ

『形成』(形成発行所 1954.7) 第2巻7号(通巻15号) p.6


05021
夢の中に 鳴り続けゐし 竪琴の 音か夜半覚めて 雨だれを聞く
ユメノナカニ ナリツヅケヰシ タテゴトノ ネカヨワサメテ アマダレヲキク

『形成』(形成発行所 1954.7) 第2巻7号(通巻15号) p.6