さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

形成

 
傀儡の         かげ口のみ       背景が         温く          
教員たりし       たかむらに       幾年の         君の心を        
ヘッセ読みつつ     転職の         依頼心を        眠れざりし       
わが生活を       
 
 
 

04919
傀儡の 如き工場を 歎く友も 教職には帰りたく なしと言ひたり
カイライノ ゴトキコウバヲ ナゲクトモモ キョウショクニハカエリタク ナシトイヒタリ

『形成』(形成発行所 1953.10) 第1巻6号(通巻6号) p.7


04920
かげ口のみ 言ふ雇ひ女も 未亡人の 自衛本能と 思へば憎めず
カゲグチノミ イフヤトヒメモ ミボウジンノ ジエイホンノウト オモヘバニクメズ

『形成』(形成発行所 1953.10) 第1巻6号(通巻6号) p.7


04921
背景が もの言ふ世界と 思ひつつ たまりし官報を 一人綴ぢをり
ハイケイガ モノイフセカイト オモヒツツ タマリシカンポウヲ ヒトリトヂヲリ

『形成』(形成発行所 1953.10) 第1巻6号(通巻6号) p.7


04922
温く 心触れ合ふ 事もなく 今日も暮れて事務所の 窓を閉ぢゆく
アタタカク ココロフレアフ コトモナク キョウモクレテジムショノ マドヲトヂユク

『形成』(形成発行所 1953.10) 第1巻6号(通巻6号) p.7


04923
教員たりし 日々の恋しも 声潜めて 物言ふ人の 多き事務所に
キョウインタリシ ヒビノコヒシモ コエヒソメテ モノイフヒトノ オオキジムショニ

『形成』(形成発行所 1953.10) 第1巻6号(通巻6号) p.7


04924
たかむらに 埋れて低き 藁の屋根 一夜の宿を 乞はむとぞ佇つ
タカムラニ ウモレテヒヒクキ ワラノヤネ ヒトヨノヤドヲ コハムトゾマツ

『形成』(形成発行所 1953.10) 第1巻6号(通巻6号) p.7


04925
幾年の 曲折を経つつ 姑もまた 寂しき人とのみ 思ひなし来ぬ
イクトセノ キョクセツヲヘツツ ハハモマタ サビシキヒトトノミ オモヒナシキヌ

『形成』(形成発行所 1953.10) 第1巻6号(通巻6号) p.7


04926
君の心を 見抜かむ底意 持つことも 寂しくなりぬ 夜更くるままに
キミノココロヲ ミヌカムソコイ モツコトモ サビシクナリヌ ヨフクルママニ

『形成』(形成発行所 1953.10) 第1巻6号(通巻6号) p.7


04927
ヘッセ読みつつ 何時か眠りに おちてゆく 明日を信ずる 如き姿態に
ヘッセヨミツツ イツカネムリニ オタテユク アスヲシンズル ゴトキシタイニ

『形成』(形成発行所 1953.10) 第1巻6号(通巻6号) p.7


04928
転職の 時期かとも思ふ 頰杖つきて 食卓に一人 残り居りつつ
テンショクノ ジキカトモオモフ ホホヅエツキテ ショクタクニヒトリ ノコリオリツツ

『形成』(形成発行所 1953.10) 第1巻6号(通巻6号) p.7


04929
依頼心を あまり持たぬ性も 女として 不幸と思ふ 年経るままに
イライシンヲ アマリモタヌサガモ オンナトシテ フコウトオモフ トシヘルママニ

『形成』(形成発行所 1953.10) 第1巻6号(通巻6号) p.7


04930
眠れざりし ことも忘れむ朝の 井戸端に 両耳の裏を 念入れて拭く
ネムレザリシ コトモワスレムアサノ イドバタニ リョウミミノウラヲ ネンイレテフク

『形成』(形成発行所 1953.10) 第1巻6号(通巻6号) p.7


04931
わが生活を 如何に見て帰りしか 飛躍せよと 友は手紙に 書き添へて来ぬ
ワガセイカツヲ イカニミテカエリシカ ヒヤクセヨト トモハテガミニ カキソヘテキヌ

『形成』(形成発行所 1953.10) 第1巻6号(通巻6号) p.7