さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

光たばねて

 
山あひの        詰め襟の        てのひらを       臙脂いろの       
軒下に         
 
 
 

04859
山あひの ローカル列車 色違ひの 車両を引きて はろばろ行けり
ヤマアヒノ ローカルレッシャ イロチガヒノ シャリョウヲヒキテ ハロバロユケリ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.135
【初出】 『埼玉新聞』 1994.1 ひまはりの種 (1)


04860
詰め襟の 少年ひとり 走りたり 人工の雨の 土砂降りのなか
ツメエリノ ショウネンヒトリ ハシリタリ ジンコウノアメノ ドシャブリノナカ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.136
【初出】 『埼玉新聞』 1994.1 ひまはりの種 (2)


04861
てのひらを ひらきて待てば 向日葵の 種はこぼれき 五十粒ほど
テノヒラヲ ヒラキテマテバ ヒマワリノ タネハコボレキ ゴジッツブホド

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.136
【初出】 『埼玉新聞』 1994.1 ひまはりの種 (3)


04862
臙脂いろの 袴はきゐし 一年生 窓のガラスの 鳴る教室に
エンジイロノ ハカマハキヰシ イチネンセイ マドノガラスノ ナルキョウシツニ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.137
【初出】 『埼玉新聞』 1994.1 ひまはりの種 (4)


04863
軒下に びつしり薪を 積み上げて 水車はいつより 逆にまはりし
ノキシタニ ビツシリマキヲ ツミアゲテ スイシャハイツヨリ ギャクニマハリシ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.137
【初出】 『埼玉新聞』 1994.1 ひまはりの種 (5)