さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

光たばねて

 
たれも居なく      かなたまで       三連の         トラクターは      
甲虫に         睡蓮の         子供らを        
 
 
 

04801
たれも居なく なりても咲かむ 糸桜 雌蕊雄蕊の ひそとととのふ
タレモイナク ナリテモサカム イトザクラ メシベオシベノ ヒソトトトノフ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.102
【初出】 『短歌現代』 1993.7 野の上 (1)


04802
かなたまで 麦は熟れたり 蒔く人も 刈る人もいまだ この世にをりて
カナタマデ ムギハウレタリ マクヒトモ カルヒトモイマダ コノヨニヲリテ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.103
【初出】 『短歌現代』 1993.7 野の上 (2)


04803
三連の 水車しつらへ 見物とす 水争ひは 半世紀まへ
サンレンノ スイシャシツラヘ ミモノトス ミズアラソヒハ ハンセイキマヘ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.103
【初出】 『短歌現代』 1993.7 野の上 (3)


04804
トラクターは 部品が無くて 新しく 三百万の ローン組むとぞ
トラクターハ ブヒンガナクテ アタラシク サンビャクマンノ ローンクムトゾ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.104
【初出】 『短歌現代』 1993.7 野の上 (4)


04805
甲虫に ある裏表 裏側は リモコンか何かの やうに混みあふ
コウチュウニ アルウラオモテ ウラガワハ リモコンカナニカノ ヤウニコミアフ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.104
【初出】 『短歌現代』 1993.7 野の上 (5)


04806
睡蓮の 鉢に緋目高を 飼ふといふ 生きものの死は かなしきものを
スイレンノ ハチニヒメダカヲ カフトイフ イキモノノシハ カナシキモノヲ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.105
【初出】 『短歌現代』 1993.7 野の上 (6)


04807
子供らを 抱きあげて乗せて いづこまで お祓ひを受けし 白のワゴン車
コドモラヲ ダキアゲテノセテ イヅコマデ オハラヒヲウケシ シロノワゴンシャ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.105
【初出】 『短歌現代』 1993.7 野の上 (7)