さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

光たばねて

 
木石に         あいまいに       山葵いろの       女子大は        
源氏物語        寮生は         コンピューターに    鳩あまた        
春の貝の        みづからを       年長けて        紙屑が         
木の上の        咲く花に        ひしと待つ       猟犬を         
桃いろの        いつまでも       やはらかに       日本中         
 
 
 

04781
木石に あらねばとたれの 言ひにけむ 笹を鳴らして 春の雨降る
ボクセキニ アラネバトタレノ イヒニケム ササヲナラシテ ハルノアメフル

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.91
【初出】 『歌壇』 1993.6 同じ魚の名 (1)


04782
あいまいに 言はれしのみに 足どめに 会ひたるひと日 暮れゆかむとす
アイマイニ イハレシノミニ アシドメニ アヒタルヒトヒ クレユカムトス

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.92
【初出】 『歌壇』 1993.6 同じ魚の名 (2)


04783
山葵いろの 和菓子ひと棹 賜ひたり 界を隔てし はらからのため
ワサビイロノ ワガシヒトサオ タマヒタリ カイヲヘダテシ ハラカラノタメ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.92
【初出】 『歌壇』 1993.6 同じ魚の名 (3)


04784
女子大は ひつそり今も 在りしとぞ 若草山を 燃す日に行けば
ジョシダイハ ヒツソリイマモ アリシトゾ ワカクサヤマヲ モスヒニユケバ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.93
【初出】 『歌壇』 1993.6 同じ魚の名 (4)


04785
源氏物語 宿木のなかの 古女 ふるをんなとは 老いたるをんな
ゲンジモノガタリ ヤドリギノナカノ フルオンナ フルヲンナトハ オイタルヲンナ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.93
【初出】 『歌壇』 1993.6 同じ魚の名 (5)


04786
寮生は みな若かりき 同じ魚を 別の名に呼び 譲ることなく
リョウセイハ ミナワカカリキ オナジウオヲ ベツノナニヨビ ユズルコトナク

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.94
【初出】 『歌壇』 1993.6 同じ魚の名 (6)


04787
コンピューターに 笑はされたる モナ・リサは もう亡きわれの 妹に似ず
コンピューターニ ワラハサレタル モナリサハ モウナキワレノ イモウトニニズ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.94
【初出】 『歌壇』 1993.6 同じ魚の名 (7)


04788
鳩あまた 空に放ちて 終へにしが 幾日か経て ひつじ雲浮く
ハトアマタ ソラニハナチテ オヘニシガ イクニチカヘテ ヒツジグモウク

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.95
【初出】 『歌壇』 1993.6 同じ魚の名 (8)


04789
春の貝の スパゲティでも 召しませと 書きたり介護 終へたる人に
ハルノカイノ スパゲティデモ メシマセト カキタリカイゴ オヘタルヒトニ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.95
【初出】 『歌壇』 1993.6 同じ魚の名 (9)


04790
みづからを 鎮めむに振る 香水の 今日のミツコは 少し甘きか
ミヅカラヲ シズメムニフル コウスイノ キョウノミツコハ スコシアマキカ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.96
【初出】 『歌壇』 1993.6 同じ魚の名 (10)


04791
年長けて 麝香は使ふと 言ひゐしが 若き身空に みまかりましぬ
トシタケテ ジャコウハツカフト イヒヰシガ ワカキミソラニ ミマカリマシヌ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.96
【初出】 『歌壇』 1993.6 同じ魚の名 (11)


04792
紙屑が 幾たびとなく 舞ひあがり 町に競輪の ある日なりしか
カミクズガ イクタビトナク マヒアガリ マチニケイリンノ アルヒナリシカ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.97
【初出】 『歌壇』 1993.6 同じ魚の名 (12)


04793
木の上の 十羽の鴉 幾羽まで 集まる待ちて 地上を襲ふ
キノウエノ ジュッパノカラス イクワマデ アツマルマチテ チジョウヲオソフ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.97
【初出】 『歌壇』 1993.6 同じ魚の名 (13)


04794
咲く花に 会ふ日の無くて からたちの 分厚き垣根 とげだらけなる
サクハナニ アフヒノナクテ カラタチノ ブアツキカキネ トゲダラケナル

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.98
【初出】 『歌壇』 1993.6 同じ魚の名 (14)


04795
ひしと待つ 側にのみ居て 嘆きしか つらかりにけむ 待たるる人も
ヒシトマツ ガハニノミイテ ナゲキシカ ツラカリニケム マタルルヒトモ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.98
【初出】 『歌壇』 1993.6 同じ魚の名 (15)


04796
猟犬を 飼ひゐし家は ウガンダへ なべてさすらふ 春三月は
リョウケンヲ カヒヰシイエハ ウガンダヘ ナベテサスラフ ハルサンガツハ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.99
【初出】 『歌壇』 1993.6 同じ魚の名 (16)


04797
桃いろの 色鉛筆もて 罫引けば 夜の机の はつか華やぐ
モモイロノ イロエンピツモテ ケイヒケバ ヨルノツクエノ ハツカハナヤグ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.99
【初出】 『歌壇』 1993.6 同じ魚の名 (17)


04798
いつまでも ふさがらぬ部屋を 一つ持つ 夜のマンション 光の砦
イツマデモ フサガラヌヘヤヲ ヒトツモツ ヨルノマンション ヒカリノトリデ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.100
【初出】 『歌壇』 1993.6 同じ魚の名 (18)


04799
やはらかに 衿足にくる 風のあり 囲へる葱も かそかとなりぬ
ヤハラカニ エリアシニクル カゼノアリ カコヘルネギモ カソカトナリヌ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.100
【初出】 『歌壇』 1993.6 同じ魚の名 (19)


04800
日本中 晴れて黄砂の 舞ひしとぞ るす守る如く ひと日ををれば
ニホンジュウ ハレテコウサノ マヒシトゾ ルスモルゴトク ヒトヒヲヲレバ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.101
【初出】 『歌壇』 1993.6 同じ魚の名 (20)