さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

光たばねて

 
目に見ゆる       火のついた       大粒の         幌深く         
横隊に         どのやうな       十日早く        
 
 
 

04774
目に見ゆる 鬼のみはせめて 遣らふべし 雪の礫を あまた作りて
メニミユル オニノミハセメテ ヤラフベシ ユキノツブテヲ アマタツクリテ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.87
【初出】 『短歌研究』 1993.3 立春の水 (1)


04775
火のついた やうな時間に つと立ちて くぐり抜けたる くらやみありき
ヒノツイタ ヤウナジカンニ ツトタチテ クグリヌケタル クラヤミアリキ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.88
【初出】 『短歌研究』 1993.3 立春の水 (2)


04776
大粒の 寒の玉子を 移しをれば 落とさぬ注意 ばかり働く
オオツブノ カンノタマゴヲ ウツシヲレバ オトサヌチュウイ バカリハタラク

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.88
【初出】 『短歌研究』 1993.3 立春の水 (3)


04777
幌深く 今はむかしの 乳母車 立春の水 かがやきやまず
ホロフカク イマハムカシノ ウバグルマ リッシュンノミズ カガヤキヤマズ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.89
【初出】 『短歌研究』 1993.3 立春の水 (4)


04778
横隊に 水にうかべる 六羽ゐて 振り向けばもう ちりぢりの鴨
オウタイニ ミズニウカベル ロッパヰテ フリムケバモウ チリヂリノカモ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.89
【初出】 『短歌研究』 1993.3 立春の水 (5)


04779
どのやうな 手にちぎられて 浮く雲か 音も無く茜の 色を帯びゆく
ドノヤウナ テニチギラレテ ウククモカ オトモナクアカネノ イロヲオビユク

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.90
【初出】 『短歌研究』 1993.3 立春の水 (6)


04780
十日早く 春一番の 吹きし夜 向かひの家は くらがりのまま
トオカハヤク ハルイチバンノ フキシヨル ムカヒノイエハ クラガリノママ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.90
【初出】 『短歌研究』 1993.3 立春の水 (7)