さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

光たばねて

 
ジーパンに       遠き世の        幼子は         水底の         
タンバリン       
 
 
 

04740
ジーパンに バイクのをとめ 破魔矢売る 社務所にゐたり 姿を変へて
ジーパンニ バイクノヲトメ ハマヤウル シャムショニヰタリ スガタヲカヘテ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.67
【初出】 『埼玉新聞』 1993.1 いづこまで (1)


04741
遠き世の そのままならむ 鰐口は するどく鳴ると いふこともなし
トオキヨノ ソノママナラム ワニグチハ スルドクナルト イフコトモナシ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.68
【初出】 『埼玉新聞』 1993.1 いづこまで (2)


04742
幼子は 歩幅の合はぬ 飛び石を はねて渡りて 池まで届く
オサナゴハ ホハバノアハヌ トビイシヲ ハネテワタリテ イケマデトドク

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.68
【初出】 『埼玉新聞』 1993.1 いづこまで (3)


04743
水底の 緋鯉の一つ つと動き 水にかすかに 輪が生まれたり
ミナソコノ ヒゴイノヒトツ ツトウゴキ ミズニカスカニ ワガウマレタリ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.69
【初出】 『埼玉新聞』 1993.1 いづこまで (4)


04744
タンバリン 網棚にのせて いづこまで 行くや異国の 踊り子たちは
タンバリン アミダナニノセテ イヅコマデ ユクヤイコクノ オドリコタチハ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.69
【初出】 『埼玉新聞』 1993.1 いづこまで (5)