さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

光たばねて

 
塩の道・        ふつ切れし       うしろより       ぼかしたる       
病みをれば       目の前に        恐ろしき        突き立てて       
蓮の花の        マチネーの       
 
 
 

04725
塩の道・ 鯖の道遠く 辿りをれば 生まるる前の ごとき雨降る
シオノミチ サバノミチトオク タドリヲレバ ウマルルマエノ ゴトキアメフル

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.58
【初出】 『〔同時代〕としての女性短歌』(河出書房新社) 1992.9 近景遠景 (1)


04726
ふつ切れし 思ひの如く 雨のなか 窓光らせて 発つ列車あり
フツキレシ オモヒノゴトク アメノナカ マドヒカラセテ タツレッシャアリ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.59
【初出】 『〔同時代〕としての女性短歌』(河出書房新社) 1992.9 近景遠景 (2)


04727
うしろより 見つつ歩みき 無雑作に 丸めて持てる 大学ノート
ウシロヨリ ミツツアユミキ ムゾウサニ マルメテモテル ダイガクノート

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.59
【初出】 『〔同時代〕としての女性短歌』(河出書房新社) 1992.9 近景遠景 (3)


04728
ぼかしたる 絵がこのごろは 多しとぞ 嗅げばアネモネは 生臭き花
ボカシタル エガコノゴロハ オオシトゾ カゲバアネモネハ ナマグサキハナ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.60
【初出】 『〔同時代〕としての女性短歌』(河出書房新社) 1992.9 近景遠景 (4)


04729
病みをれば 遠ざかりゐて かなたなる 人と人との さかひ目も見ゆ
ヤミヲレバ トオザカリヰテ カナタナル ヒトトヒトトノ サカヒメモミユ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.60
【初出】 『〔同時代〕としての女性短歌』(河出書房新社) 1992.9 近景遠景 (5)


04730
目の前に 封が切られて 金属の 音せぬ一円 玉溢れ出づ
メノマエニ フウガキラレテ キンゾクノ オトセヌイチエン ダマアフレイヅ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.61
【初出】 『〔同時代〕としての女性短歌』(河出書房新社) 1992.9 近景遠景 (6)


04731
恐ろしき ことを思ひて ゐる日あり 体軀大きな ものより滅ぶ
オソロシキ コトヲオモヒテ ヰルヒアリ タイクオオキナ モノヨリホロブ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.61
【初出】 『〔同時代〕としての女性短歌』(河出書房新社) 1992.9 近景遠景 (7)


04732
突き立てて フランスパンの 四五本は 売られてゐたり ケースの上に
ツキタテテ フランスパンノ シゴホンハ ウラレテヰタリ ケースノウエニ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.62
【初出】 『〔同時代〕としての女性短歌』(河出書房新社) 1992.9 近景遠景 (8)


04733
蓮の花の 開くをいつか 見に行かむ 小鳥のやうに 早起きをして
ハスノハナノ ヒラクヲイツカ ミニユカム コトリノヤウニ ハヤオキヲシテ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.62
【初出】 『〔同時代〕としての女性短歌』(河出書房新社) 1992.9 近景遠景 (9)


04734
マチネーの オペラへも癒えて 行く日あれ 楠の若葉に 朝の日が差す
マチネーノ オペラヘモイエテ ユクヒアレ クスノワカバニ アサノヒガサス

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.63
【初出】 『〔同時代〕としての女性短歌』(河出書房新社) 1992.9 近景遠景 (10)