さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

光たばねて

 
風の夜の        誰に言ふ        欠航と         ひるがへる       
明王の         連続の         人はみな        
 
 
 

04703
風の夜の 更けゆくままに 金属の 冷たき椅子は いづこの駅か
カゼノヨノ フケユクママニ キンゾクノ ツメタキイスハ イヅコノエキカ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.45
【初出】 『短歌研究』 1992.3 或る日 (1)


04704
誰に言ふ ことにあらねど そののちの 四十年は 速く過ぎにき
タレニイフ コトニアラネド ソノノチノ ヨンジュウネンハ ハヤクスギニキ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.46
【初出】 『短歌研究』 1992.3 或る日 (2)


04705
欠航と なれば渡れぬ 海なりし 魚雷のうはさ 町に流れて
ケッコウト ナレバワタレヌ ウミナリシ ギョライノウハサ マチニナガレテ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.46
【初出】 『短歌研究』 1992.3 或る日 (3)


04706
ひるがへる 僧衣の袖に すきとほり どこか異界を 見たりし如し
ヒルガヘル ソウイノソデニ スキトホリ ドコカイカイヲ ミタリシゴトシ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.47
【初出】 『短歌研究』 1992.3 或る日 (4)


04707
明王の 孔雀も棟の 鳳凰も ほどよく翼を あげて静止す
ミヤウワウノ クジャクモムネノ ホウオウモ ホドヨクツバサヲ アゲテセイシス

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.47
【初出】 『短歌研究』 1992.3 或る日 (5)


04708
連続の 非連続かは 知らねども 滝に打たれて 白衣の行者
レンゾクノ ヒレンゾクカハ シラネドモ タキニウタレテ ビャクイノギヤウジヤ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.48
【初出】 『短歌研究』 1992.3 或る日 (6)


04709
人はみな 背中向けゐて 水鳥の 綿毛のやうな 雪が降りくる
ヒトハミナ セナカムケヰテ ミズドリノ ワタゲノヤウナ ユキガフリクル

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.48
【初出】 『短歌研究』 1992.3 或る日 (7)