さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

光たばねて

 
旧道の         沼一つ         雪の夜の        どこまでか       
裏側から        渓流の         いつよりか       細めたる        
季節季節に       花柄の         風呂敷の        神経を         
雁よりも        ほぐれゆく       生け垣に        水深の         
フランスの       散漫に         夜の更けに       仇を討つ        
 
 
 

04664
旧道の うす雪を踏み 鳥追ひも 遊行の僧も のぼりて行けり
キュウドウノ ウスユキヲフミ トリオヒモ ユギョウノソウモ ノボリテユケリ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.23
【初出】 『短歌研究』 1992.1 冬も好き (1)


04665
沼一つ ひつそりとある 山といふ 沼のあるじは くちなはといふ
ヌマヒトツ ヒツソリトアル ヤマトイフ ヌマノアルジハ クチナハトイフ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.24
【初出】 『短歌研究』 1992.1 冬も好き (2)


04666
雪の夜の 隠れ念仏に 寄りてくる ひとりまたひとり 影のごとくに
ユキノヨノ カクレネブツニ ヨリテクル ヒトリマタヒトリ カゲノゴトクニ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.24
【初出】 『短歌研究』 1992.1 冬も好き (3)


04667
どこまでか 行きたるわれを 引き戻す 知らざることは 無きこととして
ドコマデカ ユキタルワレヲ ヒキモドス シラザルコトハ ナキコトトシテ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.25
【初出】 『短歌研究』 1992.1 冬も好き (4)


04668
裏側から 見てゐるごとき 日の夕べ 向日葵いろの 石蕗が咲く
ウラガワカラ ミテヰルゴトキ ヒノユウベ ヒマワリイロノ ツハブキガサク

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.25
【初出】 『短歌研究』 1992.1 冬も好き (5)


04669
渓流の 藻の匂ひして 亡き父の 釣りくる鮎は 今にさびしき
ケイリュウノ モノニオヒシテ ナキチチノ ツリクルアユハ イマニサビシキ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.26
【初出】 『短歌研究』 1992.1 冬も好き (6)


04670
いつよりか 萌えずなりたり 人参に 似たる葉を持つ 叡山すみれ
イツヨリカ モエズナリタリ ニンジンニ ニタルハヲモツ エイザンスミレ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.26
【初出】 『短歌研究』 1992.1 冬も好き (7)


04671
細めたる 目をしばたたき 打擲を 待つ犬なりし 母もまだゐて
ホソメタル メヲシバタタキ チョウチャクヲ マツイヌナリシ ハハモマダヰテ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.27
【初出】 『短歌研究』 1992.1 冬も好き (8)


04672
季節季節に 鏡台の覆ひ 掛け替へて 冬も好きよと 姉は言ひにき
キセツキセツニ キョウダイノオオヒ カケカヘテ フユモスキヨト アネハイヒニキ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.27
【初出】 『短歌研究』 1992.1 冬も好き (9)


04673
花柄の セーターを着て わがをれば 不意に訪ひ来し 人がよろこぶ
ハナガラノ セーターヲキテ ワガヲレバ フイニトヒコシ ヒトガヨロコブ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.28
【初出】 『短歌研究』 1992.1 冬も好き (10)


04674
風呂敷の 結び目固き ままの荷を 預けて帰る 逢はずにすみて
フロシキノ ムスビメカタキ ママノニヲ アズケテカエル アハズニスミテ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.28
【初出】 『短歌研究』 1992.1 冬も好き (11)


04675
神経を 張り詰めて飛ぶ 鴎らか ぶつかることも なく交錯す
シンケイヲ ハリツメテトブ カモメラカ ブツカルコトモ ナクコウサクス

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.29
【初出】 『短歌研究』 1992.1 冬も好き (12)


04676
雁よりも 声太く白鳥は 啼くといふ 太くなりたる わが声思ふ
カリヨリモ コエフトクハクチョウハ ナクトイフ フトクナリタル ワガコエオモフ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.29
【初出】 『短歌研究』 1992.1 冬も好き (13)


04677
ほぐれゆく 雲を見をれば 筆記体の ABCなど 久しく書かず
ホグレユク クモヲミヲレバ ヒッキタイノ エービーシーナド ヒサシクカカズ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.30
【初出】 『短歌研究』 1992.1 冬も好き (14)


04678
生け垣に 羽根がかかり ゐたるさま 風の音する 夜半の目に浮く
イケガキニ シヤトルガカカリ ヰタルサマ カゼノオトスル ヨワノメニウク

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.30
【初出】 『短歌研究』 1992.1 冬も好き (15)


04679
水深の 深きところまで 漕ぎゆきて 投げこまれたる 物体一個
スイシンノ フカキトコロマデ コギユキテ ナゲコマレタル ブッタイイッコ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.31
【初出】 『短歌研究』 1992.1 冬も好き (16)


04680
フランスの クッキーも終はり からつぽに なりし小箱の なほも香し
フランスノ クッキーモオハリ カラツポニ ナリシコバコノ ナホモカグハシ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.31
【初出】 『短歌研究』 1992.1 冬も好き (17)


04681
散漫に なりたるわれの 手が行きて 今朝見し葉書 また読み返す
サンマンニ ナリタルワレノ テガユキテ ケサミシハガキ マタヨミカエス

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.32
【初出】 『短歌研究』 1992.1 冬も好き (18)


04682
夜の更けに 錠さしに出て もしも今 蒸発しても たれにも知れず
ヨノフケニ ジョウサシニデテ モシモイマ ジョウハツシテモ タレニモシレズ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.32
【初出】 『短歌研究』 1992.1 冬も好き (19)


04683
仇を討つ 思ひいつしか うすれゐて 冬の桜を 見に今日は来つ
アダヲウツ オモヒイツシカ ウスレヰテ フユノサクラヲ ミニキョウハキツ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.33
【初出】 『短歌研究』 1992.1 冬も好き (20)