さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

光たばねて

 
牧草も         クローバーの      うしろより       軍用馬に        
デパートの       帆柱が         梅雨寒の        
 
 
 

04647
牧草も 雨に育つと 告げくれば 牛の匂ひの ふと立つ如し
ボクソウモ アメニソダツト ツゲクレバ ウシノニオヒノ フトタツゴトシ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.13
【初出】 『短歌』 1991.10 牧歌 (1)


04648
クローバーの 丘に少女は 連れゆきて 犬にも首輪を 編みやりしとぞ
クローバーノ オカニショウジョハ ツレユキテ イヌニモクビワヲ アミヤリシトゾ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.14
【初出】 『短歌』 1991.10 牧歌 (2)


04649
うしろより 花の香のする 風が来て 返り咲きせる 黄の薔薇に逢ふ
ウシロヨリ ハナノカノスル カゼガキテ カエリザキセル キノバラニアフ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.14
【初出】 『短歌』 1991.10 牧歌 (3)


04650
軍用馬に とられむ憂ひも 今は無く 姿やさしき ジョッキーが乗る
グンヨウバニ トラレムウレヒモ イマハナク スガタヤサシキ ジョッキーガノル

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.15
【初出】 『短歌』 1991.10 牧歌 (4)


04651
デパートの 窓のカクテル 光線に いたく華やぐ 硝子の鹿は
デパートノ マドノカクテル コウセンニ イタクハナヤグ ガラスノシカハ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.15
【初出】 『短歌』 1991.10 牧歌 (5)


04652
帆柱が 音なくあまた 立ちゐたり 葉山マリーナ 月の夜更けに
ホバシラガ オトナクアマタ タチヰタリ ハヤママリーナ ツキノヨフケニ

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.16
【初出】 『短歌』 1991.10 牧歌 (6)


04653
梅雨寒の ひと日ふた日と 続きゐて 行かねばならぬ 法会近づく
ツユザムノ ヒトヒフタヒト ツヅキヰテ ユカネバナラヌ ホウエチカヅク

『光たばねて』(短歌新聞社 1998) p.16
【初出】 『短歌』 1991.10 牧歌 (7)