さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

風の曼陀羅

 
いつせいに       ころびたる       残れるは        新しき         
大小の         
 
 
 

04556
いつせいに 歩き出しさうに 藤いろも まじへて春の 靴が飾らる
イツセイニ アルキダシサウニ フジイロモ マジヘテハルノ クツガカザラル

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.170
【初出】 『短歌新聞』 1991.1 春の靴 (1)


04557
ころびたる 幼子もすぐ 起きあがり 駆けゆく若き 父母を呼びつつ
コロビタル オサナゴモスグ オキアガリ カケユクワカキ フボヲヨビツツ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.170
【初出】 『短歌新聞』 1991.1 春の靴 (2)


04558
残れるは コスモスの花 すすきの穂 ばつさりと切る 何か欲しき日
ノコレルハ コスモスノハナ ススキノホ バツサリトキル ナニカホシキヒ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.171
【初出】 『短歌新聞』 1991.1 春の靴 (3)


04559
新しき 女性キャスター 胸元に ブローチのごとく マイクを点す
アタラシキ ジョセイキャスター ムナモトニ ブローチノゴトク マイクヲトモス

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.171
【初出】 『短歌新聞』 1991.1 春の靴 (4)


04560
大小の 干支のひつじは いつよりか つがひの如く ずらして置かる
ダイショウノ エトノヒツジハ イツヨリカ ツガヒノゴトク ズラシテオカル

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.171
【初出】 『短歌新聞』 1991.1 春の靴 (5)