さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

風の曼陀羅

 
無人駅を        み仏は         黒土の         駅を出でて       
持ち長き        花の香と        わが星を        
 
 
 

04499
無人駅を 出でて来つれば 道のべは うすき緑に 杉菜萌えたり
ムジンエキヲ イデテキツレバ ミチノベハ ウスキミドリニ スギナモエタリ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.145
【初出】 『短歌研究』 1990.3 わが星 (1)


04500
み仏は 印を結びて いましたり はじめからここに いますが如く
ミホトケハ インヲムスビテ イマシタリ ハジメカラココニ イマスガゴトク

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.145
【初出】 『短歌研究』 1990.3 わが星 (2)


04501
黒土の ひとすぢ見えて 大寺は 庫裡より畑へ かよふ道あり
クロツチノ ヒトスヂミエテ オホデラハ クリヨリハタヘ カヨフミチアリ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.146
【初出】 『短歌研究』 1990.3 わが星 (3)


04502
駅を出でて 仰ぐビル群 一枚の ガラス烈しく 西日を反す
エキヲイデテ アオグビルグン イチマイノ ガラスハゲシク ニシビヲカエス

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.146
【初出】 『短歌研究』 1990.3 わが星 (4)


04503
持ち長き 花ゆゑ蘭に せよといふ 売り買ひのさま 見て待ちゐたり
モチナガキ ハナユヱランニ セヨトイフ ウリカヒノサマ ミテマチヰタリ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.146
【初出】 『短歌研究』 1990.3 わが星 (5)


04504
花の香と 言はむよりただ 青臭し 水仙の大き 束活けをれば
ハナノカト イハムヨリタダ アオクサシ スイセンノオオキ タバイケヲレバ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.147
【初出】 『短歌研究』 1990.3 わが星 (6)


04505
わが星を 四緑木星と 知りてより めぐりに星の ひしめく如し
ワガホシヲ シロクモクセイト シリテヨリ メグリニホシノ ヒシメクゴトシ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.147
【初出】 『短歌研究』 1990.3 わが星 (7)