さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

風の曼陀羅

 
三日目の        北国と         若ければ        みづからの       
年代論         花束が         
 
 
 

04478
三日目の 菊人形の 隊列に 肩の崩れし 武者ひとり
ミッカメノ キクニンギョウノ タイレツニ カタノクズレシ モノノフヒトリ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.136
【初出】 『短歌四季』 1990.3 騎馬民族 (1)


04479
北国と 南の国より 遠く来て 添ひたる若き 二人のありき
キタグニト ミナミノクニヨリ トオクキテ ソヒタルワカキ フタリノアリキ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.136
【初出】 『短歌四季』 1990.3 騎馬民族 (2)


04480
若ければ 蹄の音も 聞こえゐき 騎馬民族の 説ありしころ
ワカケレバ ヒズメノオトモ キコエヰキ キバミンゾクノ セツアリシコロ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.137
【初出】 『短歌四季』 1990.3 騎馬民族 (3)


04481
みづからの 根気を試す ほかなくて 土器片をつなぎ 続けし日あり
ミヅカラノ コンキヲタメス ホカナクテ ドキヘンヲツナギ ツヅケシヒアリ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.137
【初出】 『短歌四季』 1990.3 騎馬民族 (4)


04482
年代論 果てしなかりき 両耳を 立てたる埴の 壼をめぐりて
ネンダイロン ハテシナカリキ リョウミミヲ タテタルハニノ ツボヲメグリテ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.137
【初出】 『短歌四季』 1990.3 騎馬民族 (5)


04483
花束が 胸に重しと 目のさめて 何を祝はれ ゐしとも知れず
ハナタバガ ムネニオモシト メノサメテ ナニヲイワハレ ヰシトモシレズ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.138
【初出】 『短歌四季』 1990.3 騎馬民族 (6)