さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

風の曼陀羅

 
音のして        見しことも       疑はず         乱れずに        
ニュース待ちて     天安門         青墨を         十年は         
いち早く        あをあをと       雪国に         二十代の        
どの家の        さまざまに       
 
 
 

04464
音のして 皿にこぼれて 昔々 ルビーのやうな ドロップありき
オトノシテ サラニコボレテ ムカシムカシ ルビーノヤウナ ドロップアリキ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.131
【初出】 『短歌』 1990.2 軍手 (1)


04465
見しことも なきまさかりを 知りてをり 童話の挿絵に 大きかりけり
ミシコトモ ナキマサカリヲ シリテヲリ ドウワノサシエニ オオキカリケリ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.131
【初出】 『短歌』 1990.2 軍手 (2)


04466
疑はず 軍手と呼びて 使ひ来ぬ 今もそのまま 洗へば白し
ウタガハズ グンテトヨビテ ツカヒキヌ イマモソノママ アラヘバシロシ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.132
【初出】 『短歌』 1990.2 軍手 (3)


04467
乱れずに 筋をはこびて 人は言ひ 蚕豆の花 あまた咲きゐき
ミダレズニ スジヲハコビテ ヒトハイヒ ソラマメノハナ アマタサキヰキ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.132
【初出】 『短歌』 1990.2 軍手 (4)


04468
ニュース待ちて かけおくテレビに 男性が タルタルソースの 作法を教ふ
ニュースマチテ カケオクテレビニ ダンセイガ タルタルソースノ サホウヲオシフ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.132
【初出】 『短歌』 1990.2 軍手 (5)


04469
天安門 広場の略図 切り抜きて 挟みありしが 辞書よりこぼる
テンアンモン ヒロバノリャクズ キリヌキテ ハサミアリシガ ジショヨリコボル

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.133
【初出】 『短歌』 1990.2 軍手 (6)


04470
青墨を 磨るときの香に 匂ひたり カーネーションの 束をほどけば
アオズミヲ スルトキノカニ ニオヒタリ カーネーションノ タバヲホドケバ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.133
【初出】 『短歌』 1990.2 軍手 (7)


04471
十年は 経しと思へど 取り出でて ムートンに残る けものの臭ひ
ジュウネンハ ヘシトオモヘド トリイデテ ムートンニノコル ケモノノニオヒ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.133
【初出】 『短歌』 1990.2 軍手 (8)


04472
いち早く ビルに昏みて 白猫の 渡りゐるさへ 不似合ひの街
イチハヤク ビルニクラミテ シロネコノ ワタリヰルサヘ フニアヒノマチ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.134
【初出】 『短歌』 1990.2 軍手 (9)


04473
あをあをと 茹でし春菊を 賜ひたり 木枯らしすさぶ 巷より来て
アヲアヲト ユデシシュンギクヲ タマヒタリ コガラシスサブ チマタヨリキテ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.134
【初出】 『短歌』 1990.2 軍手 (10)


04474
雪国に 在りて恋ひにし カンボジアの アンコールワットも 傷めりといふ
ユキグニニ アリテコヒニシ カンボジアノ アンコールワットモ イタメリトイフ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.134
【初出】 『短歌』 1990.2 軍手 (11)


04475
二十代の 後半にして 台風の 目のしづけさと いふを知りにき
ハタチダイノ コウハンニシテ タイフウノ メノシヅケサト イフヲシリニキ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.135
【初出】 『短歌』 1990.2 軍手 (12)


04476
どの家の 犬も啼かずて 午前二時 団地二百戸 しづまりかへる
ドノイエノ イヌモナカズテ ゴゼンニジ ダンチニヒャクコ シヅマリカヘル

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.135
【初出】 『短歌』 1990.2 軍手 (13)


04477
さまざまに 迷ひたれども 光源を 遠ざけてゆく ごとく眠りぬ
サマザマニ マヨヒタレドモ コウゲンヲ トオザケテユク ゴトクネムリヌ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.135
【初出】 『短歌』 1990.2 軍手 (14)