さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

風の曼陀羅

 
坐りゐて        医薬もて        クーラーを       眼鏡とれば       
盲目の         背負はれて       木理あらく       
 
 
 

04444
坐りゐて 見えざりしもの 雑然と 見えて立ちゐて くらくらとせり
スワリヰテ ミエザリシモノ ザツゼント ミエテタチヰテ クラクラトセリ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.119


04445
医薬もて 部分部分を 癒やしつつ 全身のことは 癒やしがたきか
イヤクモテ ブブンブブンヲ イヤシツツ ゼンシンノコトハ イヤシガタキカ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.119


04446
クーラーを 入れたる刹那 新聞が ばさと羽音を 立てて落ちたり
クーラーヲ イレタルセツナ シンブンガ バサトハオトヲ タテテオチタリ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.120


04447
眼鏡とれば 雌蕊雄蕊も 花びらも 黄に霞みたり 弟切草は
メガネトレバ メシベオシベモ ハナビラモ キニカスミタリ オトギリソウハ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.120


04448
盲目の 花と思へど 紅蜀葵 目鼻ととのふ 面輪のごとし
モウモクノ ハナトオモヘド モミジアオイ メハナトトノフ オモワノゴトシ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.120


04449
背負はれて 泣きやむとなく 行きにしが 猫に似てゐる みどりごの声
セオハレテ ナキヤムトナク ユキニシガ ネコニニテヰル ミドリゴノコエ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.121


04450
木理あらく 灰いろなすは 何の木か 逝く夏の葉を 暗く茂らす
キメアラク ハイイロナスハ ナンノキカ ユクナツノハヲ クラクシゲラス

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.121