さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

風の曼陀羅

 
光と影を        気がつけば       ささめきて       何か言ふ        
四方八方        忘らるる        ひとりゐに       
 
 
 

04303
光と影を すばやくかさね 目の前の 金屏二双 畳まれゆけり
ヒカリトカゲヲ スバヤクカサネ メノマエノ キンビョウニソウ タタマレユケリ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.64
【初出】 『短歌研究』 1988.3 忘らるるよはひ (1)


04304
気がつけば 他人ばかりの 顔のなか 促してわれに 帰る家あり
キガツケバ タニンバカリノ カオノナカ ウナガシテワレニ カエルイエアリ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.64
【初出】 『短歌研究』 1988.3 忘らるるよはひ (2)


04305
ささめきて 葉先ふるはす セロリなど 買ひて戻らむ ひとりの夜へ
ササメキテ ハサキフルハス セロリナド カヒテモドラム ヒトリノヨルヘ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.65
【初出】 『短歌研究』 1988.3 忘らるるよはひ (3)


04306
何か言ふ 人もあらねば こぼしたる 黄の錠剤を かき寄せてをり
ナニカイフ ヒトモアラネバ コボシタル キノジョウザイヲ カキヨセテヲリ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.65
【初出】 『短歌研究』 1988.3 忘らるるよはひ (4)


04307
四方八方 しづくの音に かこまれて 雪の夜は雪の 檻のごとしも
シホウハッポウ シヅクノオトニ カコマレテ ユキノヨハユキノ オリノゴトシモ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.65
【初出】 『短歌研究』 1988.3 忘らるるよはひ (5)


04308
忘らるる よはひと人の 歌に読み 世をのがれゐる 如きしづけさ
ワスラルル ヨハヒトヒトノ ウタニヨミ ヨヲノガレヰル ゴトキシヅケサ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.66
【初出】 『短歌研究』 1988.3 忘らるるよはひ (6)


04309
ひとりゐに 朝寝といふも さびしけれ 雪はこまかく 裂けて降りくる
ヒトリヰニ アサネトイフモ サビシケレ ユキハコマカク サケテフリクル

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.66
【初出】 『短歌研究』 1988.3 忘らるるよはひ (7)