さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

風の曼陀羅

 
放牧の         吾亦紅を        声もなく        ふくらかに       
薔薇園の        逆光の         ひと世かけて      
 
 
 

04271
放牧の 牛は山より 帰るとぞ 冷たくなりぬ 車の把手も
ホウボクノ ウシハヤマヨリ カエルトゾ ツメタクナリヌ クルマノノブモ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.52
【初出】 『短歌研究』 1988.1 黒薔薇のいろ (1)


04272
吾亦紅を 添へたる供華の そよげども 世を隔てたる 者はしづけし
ワレモコウヲ ソヘタルクゲノ ソヨゲドモ ヨヲヘダテタル モノハシヅケシ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.52
【初出】 『短歌研究』 1988.1 黒薔薇のいろ (2)


04273
声もなく み仏は千手 ひらきゐつ 一臂に鉾の 先光りゐつ
コエモナク ミホトケハセンジュ ヒラキヰツ イツピニホコノ サキヒカリヰツ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.53
【初出】 『短歌研究』 1988.1 黒薔薇のいろ (3)


04274
ふくらかに 脇侍は双手 合はせをり われは自儘な 女に過ぎず
フクラカニ ワキジハモロテ アハセヲリ ワレハジママナ オンナニスギズ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.53
【初出】 『短歌研究』 1988.1 黒薔薇のいろ (4)


04275
薔薇園の 冬の荒びに 黄の花の 咲き残りゐて 風に抗ふ
バラエンノ フユノスサビニ キノハナノ サキノコリヰテ カゼニアラガフ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.53
【初出】 『短歌研究』 1988.1 黒薔薇のいろ (5)


04276
逆光の 丘の木立は 樺いろの 紙に置きたる 切り絵のごとき
ギャッコウノ オカノコダチハ カバイロノ カミニオキタル キリエノゴトキ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.54
【初出】 『短歌研究』 1988.1 黒薔薇のいろ (6)


04277
ひと世かけて われは何せむ 三代を 経て出づるとふ 黒薔薇のいろ
ヒトヨカケテ ワレハナニセム サンダイヲ ヘテイヅルトフ クロバラノイロ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.54
【初出】 『短歌研究』 1988.1 黒薔薇のいろ (7)