さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

風の曼陀羅

 
多年草の        じつとして       手に負へぬ       おのづから       
出でて行く       カウンターに      時ならず        見しことを       
騒立てる        塩分を         おとなびて       今使ふ         
ものおとに       身にかなふ       
 
 
 

04257
多年草の 黄菊うらうら 照れれども 来年の秋は いかになりゐむ
タネンソウノ キギクウラウラ テレレドモ ライネンノアキハ イカニナリヰム

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.47
【初出】 『短歌』 1989.2 多年草 (1)


04258
じつとして 沈める緋鯉 堪へ切れず 動くと如く 身をよぢりたり
ジツトシテ シズメルヒゴイ タヘキレズ ウゴクトゴトク ミヲヨヂリタリ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.47
【初出】 『短歌』 1989.2 多年草 (2)


04259
手に負へぬ 荷物となりぬ 自然薯の 異形を入れし 紙の袋は
テニオヘヌ ニモツトナリヌ ジネンジヨノ イギヤウヲイレシ カミノフクロハ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.48
【初出】 『短歌』 1989.2 多年草 (3)


04260
おのづから 意識遠のき 豆電球の ごとくになりて しまふときあり
オノヅカラ イシキトオノキ マメデンキュウノ ゴトクニナリテ シマフトキアリ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.48
【初出】 『短歌』 1989.2 多年草 (4)


04261
出でて行く 菜園があるに あらねども 百米までといふ コードレス電話
イデテユク サイエンガアルニ アラネドモ ヒャクメートルマデトイフ コードレスデンワ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.48
【初出】 『短歌』 1989.2 多年草 (5)


04262
カウンターに 残りてゐたる 風船の 空いろ二本も 貰はれゆけり
カウンターニ ノコリテヰタル フウセンノ ソライロニホンモ モラハレユケリ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.49
【初出】 『短歌』 1989.2 多年草 (6)


04263
時ならず 別離の言葉 叫びたる 籠の鸚鵡は みじろがずゐる
トキナラズ ベツリノコトバ サケビタル カゴノオウムハ ミジロガズヰル

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.49
【初出】 『短歌』 1989.2 多年草 (7)


04264
見しことを 見しと告げずに おくことも 三人相持つ 罪のごとしも
ミシコトヲ ミシトツゲズニ オクコトモ ミタリアイモツ ツミノゴトシモ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.49
【初出】 『短歌』 1989.2 多年草 (8)


04265
騒立てる 日々なりにしが 川岸の 学校園は 枯れ草の藪
サワダテル ヒビナリニシガ カワギシノ ガッコウエンハ カレクサノヤブ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.50
【初出】 『短歌』 1989.2 多年草 (9)


04266
塩分を 除かば無限に 水はありと 幼くて何を 思ひ詰めけむ
エンブンヲ ノゾカバムゲンニ ミズハアリト オサナクテナニヲ オモヒツメケム

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.50
【初出】 『短歌』 1989.2 多年草 (10)


04267
おとなびて やさしかりしよ メリンスより 銘仙に移りし 元禄の袖
オトナビテ ヤサシカリシヨ メリンスヨリ メイセンニウツリシ ゲンロクノソデ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.50
【初出】 『短歌』 1989.2 多年草 (11)


04268
今使ふ 錐にあらねど 目の前に 見当たらざれば おちつかずなる
イマツカフ キリニアラネド メノマエニ ミアタラザレバ オチツカズナル

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.51
【初出】 『短歌』 1989.2 多年草 (12)


04269
ものおとに さときも病の ゆゑといふ いづこ踏切の 音する夜あり
モノオトニ サトキモヤマイノ ユヱトイフ イヅコフミキリノ オトスルヨアリ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.51
【初出】 『短歌』 1989.2 多年草 (13)


04270
身にかなふ 労働量を 限られて とりとめもなく 年越さむとす
ミニカナフ ロウドウリョウヲ カギラレテ トリトメモナク トシコサムトス

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.51
【初出】 『短歌』 1989.2 多年草 (14)