さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

風の曼陀羅

 
食用の         まれに会ひ       冬の陽に        病む者の        
冬型の         雨のあと        学校園も        
 
 
 

04245
食用の 菊と聞けども ひと畑を うすむらさきに 染めて花咲く
ショクヨウノ キクトキケドモ ヒトハタヲ ウスムラサキニ ソメテハナサク

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.39
【初出】 『短歌研究』 1989.3 学校園 (1)


04246
まれに会ひ 語りてをれば シスターの 姉のありしを ながく知らずき
マレニアヒ カタリテヲレバ シスターノ アネノアリシヲ ナガクシラズキ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.39
【初出】 『短歌研究』 1989.3 学校園 (2)


04247
冬の陽に 清められたる 蓮沼の ただ黒々と 干潟なしたり
フユノヒニ キヨメラレタル ハスヌマノ タダクログロト ヒガタナシタリ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.40
【初出】 『短歌研究』 1989.3 学校園 (3)


04248
病む者の 集まりて来て 待つ部屋に 胴体太き 消火器置かる
ヤムモノノ アツマリテキテ マツヘヤニ ドウタイフトキ ショウカキオカル

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.40
【初出】 『短歌研究』 1989.3 学校園 (4)


04249
冬型の 気圧くづれて すでにして 紀伊半島は 雨降れリとぞ
フユガタノ キアツクヅレテ スデニシテ キイハントウハ アメフレリトゾ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.40
【初出】 『短歌研究』 1989.3 学校園 (5)


04250
雨のあと 必ず最後 まで残る 水たまりあるを 怖れて思ふ
アメノアト カナラズサイゴ マデノコル ミズタマリアルヲ オソレテオモフ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.41
【初出】 『短歌研究』 1989.3 学校園 (6)


04251
学校園も いつか春めき 散水は をりをり遠き 稜線を越ゆ
ガッコウエンモ イツカハルメキ サンスイハ ヲリヲリトオキ リョウセンヲコユ

『風の曼陀羅』(短歌研究社 1991) p.41
【初出】 『短歌研究』 1989.3 学校園 (7)