さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

印度の果実

 
女坂          木の影の        いつまでも       デパートの       
非常口を        世帯主の        洗ひたる        
 
 
 

04154
女坂 のぼれば狐の 祠あり 頰をそがれて 白し狐は
オンナサカ ノボレバキツネノ ホコラアリ ホホヲソガレテ シロシキツネハ

『印度の果実』(短歌新聞社 1986) p.145
【初出】 『短歌研究』 1984.3 わが名 (1)


04155
木の影の なかにしばしば わが影を 吸ひ込ませつつ 歩みゆきたり
キノカゲノ ナカニシバシバ ワガカゲヲ スヒコマセツツ アユミユキタリ

『印度の果実』(短歌新聞社 1986) p.145
【初出】 『短歌研究』 1984.3 わが名 (2)


04156
いつまでも バスの来ざれば 手袋の ままに手話して 少女らのをり
イツマデモ バスノコザレバ テブクロノ ママニシュワシテ ショウジョラノヲリ

『印度の果実』(短歌新聞社 1986) p.146
【初出】 『短歌研究』 1984.3 わが名 (3)


04157
デパートの 前の思はぬ くらがりを 過ぎてタクシー 乗り場も寒し
デパートノ マエノオモハヌ クラガリヲ スギテタクシー ノリバモサムシ

『印度の果実』(短歌新聞社 1986) p.146
【初出】 『短歌研究』 1984.3 わが名 (4)


04158
非常口を 示す緑の 灯を見たる まなうら寒く 眠らむとする
ヒジョウグチヲ シメスミドリノ ヒヲミタル マナウラサムク ネムラムトスル

『印度の果実』(短歌新聞社 1986) p.147
【初出】 『短歌研究』 1984.3 わが名 (5)


04159
世帯主の 欄にわが名を 書き入れて ひとりぐらしも 久しくなりぬ
セタイヌシノ ランニワガナヲ カキイレテ ヒトリグラシモ ヒサシクナリヌ

『印度の果実』(短歌新聞社 1986) p.147
【初出】 『短歌研究』 1984.3 わが名 (7)


04160
洗ひたる 皿のたちまち 冷えゆくは 死にたる人の 冷えゆくに似る
アラヒタル サラノタチマチ ヒエユクハ シニタルヒトノ ヒエユクニニル

『印度の果実』(短歌新聞社 1986) p.148
【初出】 『短歌研究』 1984.3 わが名 (6)