さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

印度の果実

 
日本は         雨をんな        水玉を         行き違ひに       
門をしめに       ふるさとの       一語一語        
 
 
 

04135
日本は 如何なる国か フルートを 吹ける異人の をとめに思ふ
ニッポンハ イカナルクニカ フルートヲ フケルイジンノ ヲトメニオモフ

『印度の果実』(短歌新聞社 1986) p.134
【初出】 『形成』 1984.5 「無題」 (2)


04136
雨をんな なるを思へば 寒梅を 見む約束も 咎のごとしも
アメヲンナ ナルヲオモヘバ カンバイヲ ミムヤクソクモ トガノゴトシモ

『印度の果実』(短歌新聞社 1986) p.135


04137
水玉を 小さく上げて 沈みたり 薔薇のかたちの 砂糖二粒
ミズタマヲ チイサクアゲテ シズミタリ バラノカタチノ サトウフタツブ

『印度の果実』(短歌新聞社 1986) p.135
【初出】 『形成』 1984.3 「無題」 (4)


04138
行き違ひに なりにしのみと 知るまでに また重ねたる 歳月ありき
ユキチガヒニ ナリニシノミト シルマデニ マタカサネタル サイゲツアリキ

『印度の果実』(短歌新聞社 1986) p.136
【初出】 『形成』 1984.6 「無題」 (4)


04139
門をしめに 出で来て不意に 亡き父母の 知らざる家に 住むを思へり
モンヲシメニ イデキテフイニ ナキフボノ シラザルイエニ スムヲオモヘリ

『印度の果実』(短歌新聞社 1986) p.136
【初出】 『郵政』 1983.11 秋色 (2)


04140
ふるさとの 野山思へば いづこにも 落葉の浮かぶ 水ありにけり
フルサトノ ノヤマオモヘバ イヅコニモ オチバノウカブ ミズアリニケリ

『印度の果実』(短歌新聞社 1986) p.137
【初出】 『郵政』 1983.11 秋色 (5)


04141
一語一語 噴き出づるごとし 盆栽の 紅梅白梅 ほころびそめて
イチゴイチゴ フキイヅルゴトシ ボンサイノ コウバイハクバイ ホコロビソメテ

『印度の果実』(短歌新聞社 1986) p.137
【初出】 『埼玉新聞』 1983.1 不意に新し (1)