さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

印度の果実

 
七曜に         神職の         音程を         白梅の         
襟もとの        
 
 
 

04130
七曜に いつしかうとく デパートの 休みの町の しづけさを行く
シチヨウニ イツシカウトク デパートノ ヤスミノマチノ シヅケサヲユク

『印度の果実』(短歌新聞社 1986) p.131
【初出】 『毎日新聞』 1984.3 白梅のころ (1)


04131
神職の 家にかあらむ 珍しき 姓の表札 見て過ぎにけり
シンショクノ イエニカアラム メズラシキ セイノヒョウサツ ミテスギニケリ

『印度の果実』(短歌新聞社 1986) p.131
【初出】 『毎日新聞』 1984.3 白梅のころ (2)


04132
音程を 次第に上げて 畦にゐる 群れの鴉の 一羽のみ啼く
オンテイヲ シダイニアゲテ アゼニヰル ムレノカラスノ イチワノミナク

『印度の果実』(短歌新聞社 1986) p.132
【初出】 『毎日新聞』 1984.3 白梅のころ (3)


04133
白梅の 咲きゐるのみに 閂を さしてしづもる 山の社は
シラウメノ サキヰルノミニ クワンヌキヲ サシテシヅモル ヤマノヤシロハ

『印度の果実』(短歌新聞社 1986) p.132
【初出】 『毎日新聞』 1984.3 白梅のころ (4)


04134
襟もとの 寒き思ひに 見返れば みの虫は風に 回りてゐたり
エリモトノ サムキオモヒニ ミカエレバ ミノムシハカゼニ マワリテヰタリ

『印度の果実』(短歌新聞社 1986) p.133
【初出】 『毎日新聞』 1984.3 白梅のころ (5)