さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

印度の果実

 
霊柩車を        つくばひは       それぞれの       蕗の葉の        
人の声         言ひ出づる       銀いろの        渇きたる        
 
 
 

04122
霊柩車を 先立ててゆく バスのなか 不意に時刻を 問ひし人あり
レイキュウシャヲ サキダテテユク バスノナカ フイニジコクヲ トヒシヒトアリ

『印度の果実』(短歌新聞社 1986) p.126
【初出】 『短歌』 1984.2 象牙の花 (3)


04123
つくばひは 苔むしてゐつ 隙間なく 十薬は生ひて 花かかげゐつ
ツクバヒハ コケムシテヰツ スキマナク ジフヤクハオヒテ ハナカカゲヰツ

『印度の果実』(短歌新聞社 1986) p.127
【初出】 『形成』 1984.12 「無題」 (4)


04124
それぞれの 闇をまとひて 立つ木々に まじりて立たば われは何の木
ソレゾレノ ヤミヲマトヒテ タツキギニ マジリテタタバ ワレハナンノキ

『印度の果実』(短歌新聞社 1986) p.127
【初出】 『形成』 1982.9 「無題」 (4)


04125
蕗の葉の 大きくひらく しづけさに 石の手を組む 石の羅漢は
フキノハノ オオキクヒラク シヅケサニ イシノテヲクム イシノラカンハ

『印度の果実』(短歌新聞社 1986) p.128
【初出】 『形成』 1982.9 「無題」 (5)


04126
人の声 やいばをなすと 聞きをれば 真実胸の 辺の痛みくる
ヒトノコエ ヤイバヲナスト キキヲレバ シンジツムネノ ヘノイタミクル

『印度の果実』(短歌新聞社 1986) p.128
【初出】 『形成』 1982.1 「無題」 (3)


04127
言ひ出づる ことにあらねど 思ひゐて わが切つ先の ひらめきはじむ
イヒイヅル コトニアラネド オモヒヰテ ワガキツサキノ ヒラメキハジム

『印度の果実』(短歌新聞社 1986) p.129
【初出】 『形成』 1982.1 「無題」 (4)


04128
銀いろの タンクの遠く 見ゆる窓 何の合図か 送られやまず
ギンイロノ タンクノトオク ミユルマド ナンノアイズカ オクラレヤマズ

『印度の果実』(短歌新聞社 1986) p.129
【初出】 『形成』 1982.11 「無題」 (5)


04129
渇きたる 砂に半ばを うづもれて 貝殻はみな 海の傷持つ
カワキタル スナニナカバヲ ウヅモレテ カイガラハミナ ウミノキズモツ

『印度の果実』(短歌新聞社 1986) p.130
【初出】 『形成』 1982.11 「無題」 (4)