さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

印度の果実

 
病室は         隣室の         旅行きて        誰がための       
渋滞の         病院を         くくり椿        降り出づる       
全開の         いくひらの       暖房の         手の届く        
日曜は         
 
 
 

03943
病室は 六畳ほどか 出で入りに 薔薇の匂ひの 乱され易し
ビョウシツハ ロクジョウホドカ イデイリニ バラノニオヒノ ミダサレヤスシ

『印度の果実』(短歌新聞社 1986) p.29
【初出】 『形成』 1982.3 「無題」 (1)


03944
隣室の 声意味なして はげしきは わが耳冴ゆる たそがれのころ
リンシツノ コエイミナシテ ハゲシキハ ワガミミサユル タソガレノコロ

『印度の果実』(短歌新聞社 1986) p.29
【初出】 『形成』 1982.1 「無題」 (2)


03945
旅行きて 遭へるくさぐさ 聞きをれば 北上川に 降る雪も見ゆ
タビユキテ アヘルクサグサ キキヲレバ キタガミガワニ フルユキモミユ

『印度の果実』(短歌新聞社 1986) p.30
【初出】 『形成』 1982.2 「無題」 (1)


03946
誰がための いのちと問ひて はかなきに 手術の傷の 日ごと癒えゆく
タガタメノ イノチトトヒテ ハカナキニ シュジュツノキズノ ヒゴトイエユク

『印度の果実』(短歌新聞社 1986) p.30
【初出】 『形成』 1982.1 「無題」 (4)


03947
渋滞の 車さへ今 こころよく 退院の身を 運ばれむとす
ジュウタイノ クルマサヘイマ ココロヨク タイインノミヲ ハコバレムトス

『印度の果実』(短歌新聞社 1986) p.31
【初出】 『形成』 1982.1 「無題」 (5)


03948
病院を 出づれば秋の 生活あり 藁を焚く香の 道になづさふ
ビョウインヲ イヅレバアキノ クラシアリ ワラヲタクカノ ミチニナヅサフ

『印度の果実』(短歌新聞社 1986) p.31
【初出】 『形成』 1982.1 「無題」 (6)


03949
くくり椿 運ばれゆけり 癒えし身に 通ひ慣れたる 道も新し
ククリツバキ ハコバレユケリ イエシミニ カヨヒナレタル ミチモアタラシ

『印度の果実』(短歌新聞社 1986) p.32
【初出】 『形成』 1982.2 「無題」 (2)


03950
降り出づる けはひ言ひつつ 別れ来ぬ 互の傘を 確かめあひて
フリイヅル ケハヒイヒツツ ワカレキヌ カタミノカサヲ タシカメアヒテ

『印度の果実』(短歌新聞社 1986) p.32
【初出】 『形成』 1982.2 「無題」 (3)


03951
全開の 音量といふも 知らぬまま 雨の夜更けに 聴くモーツアルト
ゼンカイノ オンリョウトイフモ シラヌママ アメノヨフケニ キクモーツアルト

『印度の果実』(短歌新聞社 1986) p.33
【初出】 『形成』 1982.1 「無題」 (8)


03952
いくひらの 椎茸を水に もどしおき われにしづかに 年暮れむとす
イクヒラノ シイタケヲミズニ モドシオキ ワレニシヅカニ トシクレムトス

『印度の果実』(短歌新聞社 1986) p.33
【初出】 『形成』 1982.3 「無題」 (8)


03953
暖房の 部屋に置く供華 たちまちに 心やつるる さまに衰ふ
ダンボウノ ヘヤニオククゲ タチマチニ ココロヤツルル サマニオトロフ

『印度の果実』(短歌新聞社 1986) p.34
【初出】 『形成』 1982.3 「無題」 (6)


03954
手の届く 範囲にものを 置く習ひ 乱丁の辞書も かたはらに置く
テノトドク ハンイニモノヲ オクナラヒ ランチョウノジショモ カタハラニオク

『印度の果実』(短歌新聞社 1986) p.34
【初出】 『形成』 1982.3 「無題」 (5)


03955
日曜は 目ざましも鳴らず 病院の 朝の目ざめの 如きしづけさ
ニチヨウハ メザマシモナラズ ビョウインノ アサノメザメノ ゴトキシヅケサ

『印度の果実』(短歌新聞社 1986) p.35
【初出】 『形成』 1982.4 「無題」 (6)