さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

印度の果実

 
風邪のあとの      駅前の         行き着かぬ       槇の葉を        
妻を得て        気圧の谷の       二つめの        引き返す        
 
 
 

03903
風邪のあとの 身をたゆくゐし 夕まぐれ 人に頼めぬ 買ひものに出づ
カゼノアトノ ミヲタユクヰシ ユウマグレ ヒトニタノメヌ カヒモノニイヅ

『印度の果実』(短歌新聞社 1986) p.7
【初出】 『短歌研究』 1984.1 雨の記憶 (1)


03904
駅前の 放置自転車 神々に 見はなされたる 病のごとし
エキマエノ ホウチジテンシャ カミガミニ ミハナサレタル ヤマヒノゴトシ

『印度の果実』(短歌新聞社 1986) p.8
【初出】 『短歌研究』 1982.1 今に迷ひて (3)


03905
行き着かぬ 思ひにをれば 昼過ぎて 煙のごとき 雨の降り出づ
ユキツカヌ オモヒニヲレバ ヒルスギテ ケムリノゴトキ アメノフリイヅ

『印度の果実』(短歌新聞社 1986) p.8
【初出】 『短歌研究』 1982.1 今に迷ひて (4)


03906
槇の葉を 打つ雨だれを 見てゐしが まして乱るる 犬蓼の葉は
マキノハヲ ウツアマダレヲ ミテヰシガ マシテミダルル イヌタデノハハ

『印度の果実』(短歌新聞社 1986) p.9
【初出】 『短歌研究』 1982.1 今に迷ひて (5)


03907
妻を得て ユトレヒトに 今は住む といふユトレヒトにも 雨降るらむか
ツマヲエテ ユトレヒトニ イマハスム トイフユトレヒトニモ アメフルラムカ

『印度の果実』(短歌新聞社 1986) p.9
【初出】 『短歌研究』 1982.1 今に迷ひて (6)


03908
気圧の谷の ゆくへを示す 指先に 父島母島 小さき点なす
キアツノタニノ ユクヘヲシメス ユビサキニ チチジマハハジマ チサキテンナス

『印度の果実』(短歌新聞社 1986) p.10
【初出】 『短歌研究』 1982.3 春寒のころ (6)


03909
二つめの 目ざまし時計 鳴り出でて とぎれてしまふ 夢ばかりなる
フタツメノ メザマシドケイ ナリイデテ トギレテシマフ ユメバカリナル

『印度の果実』(短歌新聞社 1986) p.10
【初出】 『短歌研究』 1982.3 春寒のころ (7)


03910
引き返す とすればいつごろ なりしやと 思ふことあり 今に迷ひて
ヒキカエス トスレバイツゴロ ナリシヤト オモフコトアリ イマニマヨヒテ

『印度の果実』(短歌新聞社 1986) p.11
【初出】 『短歌研究』 1982.1 今に迷ひて (7)