さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

風水

 
きさらぎの       春の虹         花びらを        広々と         
花の名を        
 
 
 

03837
きさらぎの 海峡を越えて 来し手紙 緋寒桜も 咲けりと伝ふ
キサラギノ カイキョウヲコエテ コシテガミ ヒカンザクラモ サケリトツタフ

『風水』(沖積舎 1986) p.221
【初出】 『郵政』 1981.2 花の名 (1)


03838
春の虹 あえかに立てば 事務室の たれもやさしく 窓ぎはに寄る
ハルノニジ アエカニタテバ ジムシツノ タレモヤサシク マドギハニヨル

『風水』(沖積舎 1986) p.221
【初出】 『郵政』 1981.2 花の名 (2)


03839
花びらを とざすごとくに 畳まれぬ 少女の買ひし ブルーの傘は
ハナビラヲ トザスゴトクニ タタマレヌ オトメノカヒシ ブルーノカサハ

『風水』(沖積舎 1986) p.222
【初出】 『郵政』 1981.2 花の名 (3)


03840
広々と 道路ひらけて 琴の音の 洩れゐし家など いかになりけむ
ヒロビロト ドウロヒラケテ コトノネノ モレヰシイエナド イカニナリケム

『風水』(沖積舎 1986) p.222
【初出】 『郵政』 1981.2 花の名 (4)


03841
花の名を 問ひたるのみに 別れしが 雪深からむ 信濃の里は
ハナノナヲ トヒタルノミニ ワカレシガ ユキフカカラム シナノノサトハ

『風水』(沖積舎 1986) p.222
【初出】 『郵政』 1981.2 花の名 (5)