さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

風水

 
一つ一つ        近づきて        外国の         駅の灯の        
ハンガーに       時かけて        働きを         
 
 
 

03811
一つ一つ 壊しつつ生きて 来しならむ チェコの硝子の 灰皿も失す
ヒトツヒトツ コワシツツイキテ コシナラム チェコノガラスノ ハイザラモウス

『風水』(沖積舎 1986) p.209
【初出】 『短歌研究』 1981.3 不意のみぞれ (1)


03812
近づきて 見るに色どり さまざまの 鯉ゐる水の 騒々しけれ
チカヅキテ ミルニイロドリ サマザマノ コイヰルミズノ ソウゾウシケレ

『風水』(沖積舎 1986) p.209
【初出】 『形成』 1980.12 「無題」 (5) / 『短歌研究』 1981.3 不意のみぞれ (2)


03813
外国の コインをあまた 持ちゐしが 少年は客間へ 降り来ずなりぬ
ガイコクノ コインヲアマタ モチヰシガ ショウネンハキャクマヘ オリコズナリヌ

『風水』(沖積舎 1986) p.210
【初出】 『短歌研究』 1981.3 不意のみぞれ (3)


03814
駅の灯の 届く路面に 光りつつ 乱れつつ降る 不意のみぞれは
エキノヒノ トドクロメンニ ヒカリツツ ミダレツツフル フイノミゾレハ

『風水』(沖積舎 1986) p.210
【初出】 『短歌研究』 1981.3 不意のみぞれ (4)


03815
ハンガーに 吊りおくコート 静かなる 第二楽章を われは好めり
ハンガーニ ツリオクコート シズカナル ダイニガクショウヲ ワレハコノメリ

『風水』(沖積舎 1986) p.210
【初出】 『短歌研究』 1981.3 不意のみぞれ (5)


03816
時かけて 語りあひつつ 男ゆゑ 女ゆゑ執する ことの違へる
トキカケテ カタリアヒツツ オトコユヱ オンナユヱシフスル コトノタガヘル

『風水』(沖積舎 1986) p.211
【初出】 『短歌研究』 1981.3 不意のみぞれ (6)


03817
働きを 失ひて汀に 立つ杭の かかはりあらぬ もののしづけさ
ハタラキヲ ウシナヒテナギサニ タツクイノ カカハリアラヌ モノノシヅケサ

『風水』(沖積舎 1986) p.211
【初出】 『短歌研究』 1981.3 不意のみぞれ (7)