さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

風水

 
まをとめの       吹かれなば       さりげなく       突くために       
言ひおほせて      思ひたる        ガスマスクを      
 
 
 

03804
まをとめの 像と思ふに あらはなる 鎖骨のあたり ひえびえと立つ
マヲトメノ ゾウトオモフニ アラハナル サコツノアタリ ヒエビエトタツ

『風水』(沖積舎 1986) p.206
【初出】 『短歌研究』 1981.1 まだらなす (1)


03805
吹かれなば 消ぬべき焔 守り来し 器のごとし 体といふは
フカレナバ ケヌベキホノオ マモリコシ ウツハノゴトシ カラダトイフハ

『風水』(沖積舎 1986) p.207
【初出】 『短歌研究』 1981.1 まだらなす (2)


03806
さりげなく 聞きたることの まだらなす 胸と思へり 別れむとして
サリゲナク キキタルコトノ マダラナス ムネトオモヘリ ワカレムトシテ

『風水』(沖積舎 1986) p.207
【初出】 『短歌研究』 1981.1 まだらなす (3)


03807
突くために 槍はあるべし 幾たりを 突きたる槍か 飾られて見ゆ
ツクタメニ ヤリハアルベシ イクタリヲ ツキタルヤリカ カザラレテミユ

『風水』(沖積舎 1986) p.207
【初出】 『短歌研究』 1981.1 まだらなす (4)


03808
言ひおほせて 何あらむかと みづからに 問ひゐて言ふべき 時を失ふ
イヒオホセテ ナニアラムカト ミヅカラニ トヒヰテイフベキ トキヲウシナフ

『風水』(沖積舎 1986) p.208
【初出】 『短歌研究』 1981.1 まだらなす (5)


03809
思ひたる のみに罪する 掟あらば いくたびわれの 死にたるならむ
オモヒタル ノミニツミスル オキテアラバ イクタビワレノ シニタルナラム

『風水』(沖積舎 1986) p.208
【初出】 『短歌研究』 1981.1 まだらなす (6)


03810
ガスマスクを つけて来にしが 声のみの 残りて醒めて たれとも知れぬ
ガスマスクヲ ツケテキニシガ コエノミノ ノコリテサメテ タレトモシレヌ

『風水』(沖積舎 1986) p.208
【初出】 『短歌研究』 1981.1 まだらなす (7)