さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

風水

 
身に近く        いづくまで       欲深の         忘れゐる        
帆船の         川水の         つぎ目より       どのやうに       
耳二つ         いづこなる       
 
 
 

03794
身に近く 太鼓の音の 荒れ狂ふ 一夜のありて 祭りも過ぎぬ
ミニチカク タイコノオトノ アレクルフ ヒトヨノアリテ マツリモスギヌ

『風水』(沖積舎 1986) p.202


03795
いづくまで 昇るか知れね 昇りゆき 土に戻らぬ 穂わたもあらむ
イヅクマデ ノボルカシレネ ノボリユキ ツチニモドラヌ ホワタモアラム

『風水』(沖積舎 1986) p.202


03796
欲深の 木と思ふまで ひろがれる 欅なりしが 色づきはじむ
ヨクフカノ キトオモフマデ ヒロガレル ケヤキナリシガ イロヅキハジム

『風水』(沖積舎 1986) p.203


03797
忘れゐる こと多からむ 踏みゆけば 栗の落ち葉の 相似形なす
ワスレヰル コトオオカラム フミユケバ クリノオチバノ ソウジケイナス

『風水』(沖積舎 1986) p.203


03798
帆船の かたちの黒き 影となり 光の海を 渡りてゆきぬ
ハンセンノ カタチノクロキ カゲトナリ ヒカリノウミヲ ワタリテユキヌ

『風水』(沖積舎 1986) p.203


03799
川水の 反射のみなる 暗がりに 死にたるものは てのひら白し
カワミズノ ハンシャノミナル クラガリニ シニタルモノハ テノヒラシロシ

『風水』(沖積舎 1986) p.204


03800
つぎ目より ステンドグラスは 割るるならむ 思ひてをれば 何か慰む
ツギメヨリ ステンドグラスハ ワルルナラム オモヒテヲレバ ナニカナグサム

『風水』(沖積舎 1986) p.204


03801
どのやうに 死ぬわれならむ 職業に 深入りしたる 悔い湧くらむか
ドノヤウニ シヌワレナラム ショクギョウニ フカイリシタル クイワクラムカ

『風水』(沖積舎 1986) p.204


03802
耳二つ つね開きゐる 苦しさか しのびて笑ふ 声の入り来る
ミミフタツ ツネヒラキヰル クルシサカ シノビテワラフ コエノイリクル

『風水』(沖積舎 1986) p.205


03803
いづこなる 女神なりしや 寄りて来て わが肩に置く 石のてのひら
イヅコナル メガミナリシヤ ヨリテキテ ワガカタニオク イシノテノヒラ

『風水』(沖積舎 1986) p.205