さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

風水

 
純白の         逝きしより       つながれし       出でてゆく       
なにげなく       力ある         食事して        その母に        
兵たりし        たのしみの       用一つ         摑みたる        
思ひ来し        瀬戸物の        ひろがりて       イタリアの       
若くして        縫ひものを       娘たちを        手探りの        
 
 
 

03767
純白の 大きはちすの 花ありき さはれば紙の 音をたてにき
ジュンパクノ オオキハチスノ ハナアリキ サハレバカミノ オトヲタテニキ

『風水』(沖積舎 1986) p.192
【初出】 『短歌』 1980.12 花の香ならず (1)


03768
逝きしより 八年を経て おもかげも いつしか写真の 顔に定まる
ユキシヨリ ハチネンヲヘテ オモカゲモ イツシカシャシンノ カオニサダマル

『風水』(沖積舎 1986) p.192
【初出】 『短歌』 1980.12 花の香ならず (2)


03769
つながれし ままに眠れり はじめより 犬のかたちに 生れしのみに
ツナガレシ ママニネムレリ ハジメヨリ イヌノカタチニ ウマレシノミニ

『風水』(沖積舎 1986) p.193
【初出】 『短歌』 1980.12 花の香ならず (3)


03770
出でてゆく けはひのせしが 鉄のドア 思はぬ大き 音してしまる
イデテユク ケハヒノセシガ テツノドア オモハヌオオキ オトシテシマル

『風水』(沖積舎 1986) p.193
【初出】 『短歌』 1980.12 花の香ならず (4)


03771
なにげなく 読みて畳みし 広告の 牛のまだらの 目に残りたり
ナニゲナク ヨミテタタミシ コウコクノ ウシノマダラノ メニノコリタリ

『風水』(沖積舎 1986) p.193
【初出】 『短歌』 1980.12 花の香ならず (5)


03772
力ある 二本の指に 掏るといふ 二本の指も 人を狂はす
チカラアル ニホンノユビニ スルトイフ ニホンノユビモ ヒトヲクルハス

『風水』(沖積舎 1986) p.194
【初出】 『短歌』 1980.12 花の香ならず (6)


03773
食事して 夜更けの駅に 別れしが 調停などの いかになりけむ
ショクジシテ ヨフケノエキニ ワカレシガ チョウテイナドノ イカニナリケム

『風水』(沖積舎 1986) p.194
【初出】 『短歌』 1980.12 花の香ならず (7)


03774
その母に 返して胸の さびしけれ あたたかかりし みどり児の嵩
ソノハハニ カエシテムネノ サビシケレ アタタカカリシ ミドリゴノカサ

『風水』(沖積舎 1986) p.194
【初出】 『短歌』 1980.12 花の香ならず (8)


03775
兵たりし 昔を言ひて 飲食を 急ぐ習ひを みづから笑ふ
ヘイタリシ ムカシヲイヒテ インショクヲ イソグナラヒヲ ミヅカラワラフ

『風水』(沖積舎 1986) p.195
【初出】 『短歌』 1980.12 花の香ならず (9)


03776
たのしみの 少なきわれに 仮縫ひを 終へしコートの 今日か届かむ
タノシミノ スクナキワレニ カリヌヒヲ オヘシコートノ キョウカトドカム

『風水』(沖積舎 1986) p.195
【初出】 『短歌』 1980.12 花の香ならず (10)


03777
用一つ 思ひ出しつつ 横たへて ある木の梯子 見て通りたり
ヨウヒトツ オモヒダシツツ ヨコタヘテ アルキノハシゴ ミテトオリタリ

『風水』(沖積舎 1986) p.195
【初出】 『短歌』 1980.12 花の香ならず (11)


03778
摑みたる 手にやはらかに くびれたる 何なりしかと 目ざめて思ふ
ツカミタル テニヤハラカニ クビレタル ナンナリシカト メザメテオモフ

『風水』(沖積舎 1986) p.196
【初出】 『短歌』 1980.12 花の香ならず (12)


03779
思ひ来し ことのくさぐさ 相会ひて 言葉となして 何ぞはかなき
オモヒコシ コトノクサグサ アイアヒテ コトバトナシテ ナンゾハカナキ

『風水』(沖積舎 1986) p.196
【初出】 『短歌』 1980.12 花の香ならず (13)


03780
瀬戸物の 触れあふ音の してゐしが 唐突の死を われは願へる
セトモノノ フレアフオトノ シテヰシガ トウトツノシヲ ワレハネガヘル

『風水』(沖積舎 1986) p.196
【初出】 『短歌』 1980.12 花の香ならず (14)


03781
ひろがりて たゆたひてゐる ものならめ 意識するとき こころは固体
ヒロガリテ タユタヒテヰル モノナラメ イシキスルトキ ココロハコタイ

『風水』(沖積舎 1986) p.197
【初出】 『短歌』 1980.12 花の香ならず (15)


03782
イタリアの 厚地の絹も 古びしに 着れば落ちつく ブラウスのあり
イタリアノ アツジノキヌモ フルビシニ キレバオチツク ブラウスノアリ

『風水』(沖積舎 1986) p.197
【初出】 『短歌』 1980.12 花の香ならず (16)


03783
若くして 逝きにしことも 幸ひか 時雨の寺を まからむとする
ワカクシテ ユキニシコトモ サイワヒカ シグレノテラヲ マカラムトスル

『風水』(沖積舎 1986) p.197
【初出】 『短歌』 1980.12 花の香ならず (17)


03784
縫ひものを 仕舞はむとゐて 夜半に聞く 秋の雷など さびしきものを
ヌヒモノヲ シマハムトヰテ ヨワニキク アキノカミナリナド サビシキモノヲ

『風水』(沖積舎 1986) p.198
【初出】 『短歌』 1980.12 花の香ならず (18)


03785
娘たちを 嫁がすといふ かなしみも 知らず終らむ われとし気づく
ムスメタチヲ トツガストイフ カナシミモ シラズオワラム ワレトシキヅク

『風水』(沖積舎 1986) p.198
【初出】 『短歌』 1980.12 花の香ならず (19)


03786
手探りの ごときひと日を 終へて来て 花の香ならず 指に残れる
テサグリノ ゴトキヒトヒヲ オヘテキテ ハナノカナラズ ユビニノコレル

『風水』(沖積舎 1986) p.198
【初出】 『短歌』 1980.12 花の香ならず (20)