さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

風水

 
残業を         用のすみ        再びも         一人分と        
風落ちて        明日の日を       宴のあと        
 
 
 

03760
残業を 終へて出で来て ゆくりなく 七夕の夜の 賑はひに会ふ
ザンギョウヲ オヘテイデキテ ユクリナク タナバタノヨノ ニギハヒニアフ

『風水』(沖積舎 1986) p.189
【初出】 『形成』 1980.1 「無題」 (1)


03761
用のすみ ほとりと受話器 置きたれば なべて終れる ごときしづけさ
ヨウノスミ ホトリトジュワキ オキタレバ ナベテオワレル ゴトキシヅケサ

『風水』(沖積舎 1986) p.189
【初出】 『形成』 1980.1 「無題」 (2)


03762
再びも 三たびも折れて 戻り来る 生くる限りの 意識の回路
フタタビモ ミタビモオレテ モドリクル イクルカギリノ イシキノカイロ

『風水』(沖積舎 1986) p.190
【初出】 『形成』 1980.1 「無題」 (3)


03763
一人分と いふに慣れつつ 珈琲豆を 挽く作業など 忽ち終る
ヒトリブント イフニナレツツ コーヒーマメヲ ヒクサギョウナド タチマチオワル

『風水』(沖積舎 1986) p.190
【初出】 『形成』 1980.1 「無題」 (4)


03764
風落ちて 夕日さし来ぬ 出でゆかば 遠くの山の 見えわたりゐむ
カゼオチテ ユウヒサシキヌ イデユカバ トオクノヤマノ ミエワタリヰム

『風水』(沖積舎 1986) p.190
【初出】 『形成』 1980.1 「無題」 (5)


03765
明日の日を 怖るる要など なくならむ 職をひきたる のちを思へば
アスノヒヲ オソルルヨウナド ナクナラム ショクヲヒキタル ノチヲオモヘバ

『風水』(沖積舎 1986) p.191
【初出】 『形成』 1980.1 「無題」 (6)


03766
宴のあと 幼きわれに 重かりし 大皿などは いかになりけむ
ウタゲノアト オサナキワレニ オモカリシ オオザラナドハ イカニナリケム

『風水』(沖積舎 1986) p.191
【初出】 『形成』 1980.1 「無題」 (7)