さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

風水

 
さまざまに       見慣れたる       茫々と         凶の花         
亡き人の        寄り道を        囮には         
 
 
 

03648
さまざまに 思ひ描きて 過ぎ来しが 死のまぎはまで 働くもよし
サマザマニ オモヒエガキテ スギコシガ シノマギハマデ ハタラクモヨシ

『風水』(沖積舎 1986) p.146
【初出】 『短歌研究』 1980.3 突起 (1)


03649
見慣れたる 景色なれども 感情の 突起のごとし 今日見る山は
ミナレタル ケシキナレドモ カンジョウノ トッキノゴトシ キョウミルヤマハ

『風水』(沖積舎 1986) p.146
【初出】 『短歌研究』 1980.3 突起 (2)


03650
茫々と 吹かるるは尾花 のみならず 足首寒し バスを待つとき
ボウボウト フカルルハオバナ ノミナラズ アシクビサムシ バスヲマツトキ

『風水』(沖積舎 1986) p.147
【初出】 『短歌研究』 1980.3 突起 (3)


03651
凶の花 咲くと伝ふる かの森も 浮き城なして 夕靄のなか
キョウノハナ サクトツタフル カノモリモ ウキシロナシテ ユウモヤノナカ

『風水』(沖積舎 1986) p.147
【初出】 『短歌研究』 1980.3 突起 (4)


03652
亡き人の たれとも知れず 夢に来て 菊人形の ごとく立ちゐき
ナキヒトノ タレトモシレズ ユメニキテ キクニンギョウノ ゴトクタチヰキ

『風水』(沖積舎 1986) p.147
【初出】 『短歌研究』 1980.3 突起 (5)


03653
寄り道を 告げて別れて 行きにしが 読めばきりなし 人のこころは
ヨリミチヲ ツゲテワカレテ ユキニシガ ヨメバキリナシ ヒトノココロハ

『風水』(沖積舎 1986) p.148
【初出】 『短歌研究』 1980.3 突起 (6)


03654
囮には どのやうな鳥が なるのならむ 森の落ち葉に 覆はれて啼く
オトリニハ ドノヤウナトリガ ナルノナラム モリノオチバニ オオハレテナク

『風水』(沖積舎 1986) p.148
【初出】 『短歌研究』 1980.3 突起 (7)