さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

風水

 
唇を          カトレアの       食卓を         野に伏せて       
うつつなく       いにしへの       選ぶことは       
 
 
 

03459
唇を かたどりてゐて 目の前の 鏡一枚 さへままならぬ
クチビルヲ カタドリテヰテ メノマエノ カガミイチマイ サヘママナラヌ

『風水』(沖積舎 1986) p.73
【初出】 『短歌研究』 1979.3 鏡一枚 (1)


03460
カトレアの 花にあづけて ゐたる目を 取り戻さむに しばし間のあり
カトレアノ ハナニアヅケテ ヰタルメヲ トリモドサムニ シバシマノアリ

『風水』(沖積舎 1986) p.73
【初出】 『短歌研究』 1979.3 鏡一枚 (2)


03461
食卓を かこみたる人も ちりぢりに 古りしライターの 舟型を置く
ショクタクヲ カコミタルヒトモ チリヂリニ フリシライターノ フナガタヲオク

『風水』(沖積舎 1986) p.74
【初出】 『短歌研究』 1979.3 鏡一枚 (3)


03462
野に伏せて 艦載機の過ぐるを 待ちにしが 草合歓などの 今も咲けるや
ノニフセテ カンサイキノスグルヲ マチニシガ クサネムナドノ イマモサケルヤ

『風水』(沖積舎 1986) p.74
【初出】 『形成』 1978.12 「無題」 (6) / 『短歌研究』 1979.3 鏡一枚 (4)


03463
うつつなく 歩みてゐしが 尖塔の 見え来て不意に われに家あり
ウツツナク アユミテヰシガ セントウノ ミエキテフイニ ワレニイエアリ

『風水』(沖積舎 1986) p.74
【初出】 『短歌研究』 1979.3 鏡一枚 (5)


03464
いにしへの をみならも経し かなしみか 朝の来ぬ夜は あらずと言へり
イニシヘノ ヲミナラモヘシ カナシミカ アサノコヌヨハ アラズトイヘリ

『風水』(沖積舎 1986) p.75
【初出】 『短歌研究』 1979.3 鏡一枚 (6)


03465
選ぶことは 多く捨つること 捨てかねて 選びあぐねて 一生をあらむ
エラブコトハ オオクスツルコト ステカネテ エラビアグネテ ヒトヨヲアラム

『風水』(沖積舎 1986) p.75
【初出】 『短歌研究』 1979.3 鏡一枚 (7)