さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

風水

 
存在が         墜ちてゆく       亡き人に        いそしみて       
コップのなかの     秋の日の        綿の雪         ぬけ出でて       
 
 
 

03419
存在が 即罪悪と 畏れたる 若き日ありき 雪深かりき
ソンザイガ ソクザイアクト オソレタル ワカキヒアリキ ユキフカカリキ

『風水』(沖積舎 1986) p.57
【初出】 『形成』 1978.11 「無題」 (2)


03420
墜ちてゆく 思ひまざまざと 身にあるを 思ひのみにて 終へしめむとす
オチテユク オモヒマザマザト ミニアルヲ オモヒノミニテ オヘシメムトス

『風水』(沖積舎 1986) p.57
【初出】 『形成』 1978.11 「無題」 (1)


03421
亡き人に 庇はれて今も あるならむ あはれまれても あらむと思ふ
ナキヒトニ カバハレテイマモ アルナラム アハレマレテモ アラムトオモフ

『風水』(沖積舎 1986) p.58
【初出】 『形成』 1978.11 「無題」 (3)


03422
いそしみて いそしみてなほ 足らざるは 時間の如し 力のごとし
イソシミテ イソシミテナホ タラザルハ ジカンノゴトシ チカラノゴトシ

『風水』(沖積舎 1986) p.58
【初出】 『形成』 1978.11 「無題」 (4)


03423
コップのなかの 嵐と思ひ 至るまで 時間をかけて 苦しむあはれ
コップノナカノ アラシトオモヒ イタルマデ ジカンヲカケテ クルシムアハレ

『風水』(沖積舎 1986) p.58
【初出】 『形成』 1978.11 「無題」 (5)


03424
秋の日の 澄み徹りゐる 道をゆき 神隠しにわが 遭ふにもあらず
アキノヒノ スミトオリヰル ミチヲユキ カミガクシニワガ アフニモアラズ

『風水』(沖積舎 1986) p.59
【初出】 『形成』 1978.11 「無題」 (6)


03425
綿の雪 しろじろとまとふ 空間を 俳優ひとり 立ち去りゆけり
ワタノユキ シロジロトマトフ クウカンヲ ハイユウヒトリ タチサリユケリ

『風水』(沖積舎 1986) p.59
【初出】 『形成』 1978.11 「無題」 (7)


03426
ぬけ出でて いづくへ行かむ 月明に ひとすぢ光る 水路のあらば
ヌケイデテ イヅクヘユカム ゲツメイニ ヒトスヂヒカル スイロノアラバ

『風水』(沖積舎 1986) p.59
【初出】 『形成』 1978.11 「無題」 (8)