さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

野分の章

 
あたたかき       かすかなる       天気予報を       夜の海に        
吊られゐる       パパイアの       抜け道を        蜂蜜の         
山の桜の        
 
 
 

03252
あたたかき 夜霧のかなた 街の灯は 粒子撒きたる さまにちらばる
アタタカキ ヨギリノカナタ マチノヒハ リュウシマキタル サマニチラバル

『野分の章』(牧羊社 1978) p.187
【初出】 『形成』 1978.6 「無題」 (2)


03253
かすかなる 花粉の匂ひ 地に湧くと 夜のくらがりを 行くとき思ふ
カスカナル カフンノニオヒ チニワクト ヨノクラガリヲ ユクトキオモフ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.187
【初出】 『形成』 1978.6 「無題」 (1)


03254
天気予報を 聞かむラジオは 夜桜に つどふこよひの 人出を伝ふ
テンキヨホウヲ キカムラジオハ ヨザクラニ ツドフコヨヒノ ヒトデヲツテフ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.188
【初出】 『形成』 1978.6 「無題」 (3)


03255
夜の海に 降り込む雪を 思ひゐて いつしか眠る 病みて十日目
ヨノウミニ フリコムユキヲ オモヒヰテ イツシカネムル ヤミテトウカメ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.188
【初出】 『形成』 1978.6 「無題」 (4)


03256
吊られゐる もののさびしさ 店先の レインコートの 裾ひるがへる
ツラレヰル モノノサビシサ ミセサキノ レインコートノ スソヒルガヘル

『野分の章』(牧羊社 1978) p.188
【初出】 『形成』 1978.6 「無題」 (5)


03257
パパイアの 持ち重りする たのしさも ながく続かず 混むバスにゐて
パパイアノ モチオモリスル タノシサモ ナガクツヅカズ コムバスニヰテ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.189
【初出】 『形成』 1978.6 「無題」 (6)


03258
抜け道を 探してゐしが 夢のなかの われは諦め 易くくぐまる
ヌケミチヲ サガシテヰシガ ユメノナカノ ワレハアキラメ ヤスククグマル

『野分の章』(牧羊社 1978) p.189
【初出】 『形成』 1978.6 「無題」 (7)


03259
蜂蜜の 底のこごりも ゆるみ来と したたらせをり ケーキの上に
ハチミツノ ソコノコゴリモ ユルミクト シタタラセヲリ ケーキノウエニ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.189
【初出】 『形成』 1978.6 「無題」 (8)


03260
山の桜の みごろを知らせ 来し手紙 持ち歩みつつ 四月も過ぎむ
ヤマノサクラノ ミゴロヲシラセ コシテガミ モチアユミツツ シガツモスギム

『野分の章』(牧羊社 1978) p.190
【初出】 『形成』 1978.6 「無題」 (9)