さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

野分の章

 
ねぢ釘を        みどり児を       事務室の        はかどらぬ       
粉チーズ        甲虫の         四日目の        
 
 
 

03245
ねぢ釘を 探す箱より 出でて来て 何の鍵とも 知れず小さし
ネヂクギヲ サガスハコヨリ イデテキテ ナンノカギトモ シレズチイサシ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.184
【初出】 『形成』 1978.5 「無題」 (1)


03246
みどり児を いだく重みも わが知らず 帳簿かかへて 廊を往き来す
ミドリゴヲ イダクオモミモ ワガシラズ チョウボカカヘテ ロウヲユキキス

『野分の章』(牧羊社 1978) p.184
【初出】 『形成』 1978.5 「無題」 (2)


03247
事務室の 外はまた雨 直ちには 答へぬ習ひ いつよりか持つ
ジムシツノ ソトハマタアメ タダチニハ イラヘヌナラヒ イツヨリカモツ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.185
【初出】 『形成』 1978.5 「無題」 (4)


03248
はかどらぬ こよひの仕事 不揃ひの 紙の裁ち目の 気になりてゐて
ハカドラヌ コヨヒノシゴト フゾロヒノ カミノタチメノ キニナリテヰテ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.185
【初出】 『形成』 1978.5 「無題」 (5)


03249
粉チーズ 砕きて振りて グラタンの 皿を使ふも 幾月ぶりか
コナチーズ クダキテフリテ グラタンノ サラヲツカフモ イクツキブリカ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.185
【初出】 『形成』 1978.5 「無題」 (6)


03250
甲虫の 如くにもがき ゐしわれも 見てゐたる貌も 覚むればあらぬ
コウチュウノ ゴトクニモガキ ヰシワレモ ミテヰタルカオモ サムレバアラヌ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.186
【初出】 『形成』 1978.5 「無題」 (8)


03251
四日目の 夕に熱の 引きて醒む 何も歎かず 経し百時間
ヨッカメノ ユウベニネツノ ヒキテサム ナニモナゲカズ ヘシヒャクジカン

『野分の章』(牧羊社 1978) p.186
【初出】 『形成』 1978.5 「無題」 (7)