さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

野分の章

 
ほころびを       光線の         聴衆の         ほどく人の       
内よりの        なりふりなど      悪霊を         
 
 
 

03238
ほころびを 繕ふごとく 在り経たる 五年と思ふ 忌の日を過ぎて
ホコロビヲ ツクロフゴトク アリヘタル ゴネントオモフ キノヒヲスギテ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.181
【初出】 『形成』 1978.3 「無題」 (1)


03239
光線の ゆゑかも知れね 位置替へて 仰ぐ塑像の ふと弛みたり
コウセンノ ユヱカモシレネ イチカヘテ アオグソゾウノ フトユルミタリ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.181
【初出】 『形成』 1978.3 「無題」 (2)


03240
聴衆の 一人とあれば 安けきに 汗あえてバッハを 弾くピアニスト
チョウシュウノ ヒトリトアレバ ヤスケキニ アセアエテバッハヲ ヒクピアニスト

『野分の章』(牧羊社 1978) p.182
【初出】 『形成』 1978.3 「無題」 (3)


03241
ほどく人の ときめきを思ひ 花びらの かたちに結ぶ 赤きリボンを
ホドクヒトノ トキメキヲオモヒ ハナビラノ カタチニムスブ アカキリボンヲ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.182
【初出】 『形成』 1978.3 「無題」 (4)


03242
内よりの 力に割れし 卵かと 籾殻を分けて ゐる手が怯む
ウチヨリノ チカラニワレシ タマゴカト モミガラヲワケテ ヰルテガヒルム

『野分の章』(牧羊社 1978) p.182
【初出】 『形成』 1978.3 「無題」 (5)


03243
なりふりなど かまはずならむ 年齢を 怖れて思ふ 髪を巻きつつ
ナリフリナド カマハズナラム ネンレイヲ オソレテオモフ カミヲマキツツ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.183
【初出】 『形成』 1978.3 「無題」 (6)


03244
悪霊を 払ふが如く 呼ぶごとく 藁を焚く火の 燃えあがりたる
アクリョウヲ ハラフガゴトク ヨブゴトク ワラヲタクヒノ モエアガリタル

『野分の章』(牧羊社 1978) p.183
【初出】 『形成』 1978.3 「無題」 (7)