さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

野分の章

 
思はざる        香を焚く        父母の         しどけなく       
散らばりし       終りさへ        裸馬の         知らざりし       
告げざれば       外側から        
 
 
 

03213
思はざる 恵みのごとく 暖かき 数日ありて 周囲ととのふ
オモハザル メグミノゴトク アタタカキ スウジツアリテ シュウイトトノフ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.171
【初出】 『形成』 1978.2 「無題」 (1)


03214
香を焚く ほかあらぬかな たのしみの 待つ如く帰り 来りし家に
コウヲタク ホカアラヌカナ タノシミノ マツゴトクカエリ キタリシイエニ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.171
【初出】 『形成』 1978.2 「無題」 (2)


03215
父母の 墓さへあらぬ ふるさとの 馬の祭りを テレビは見しむ
チチハハノ ハカサヘアラヌ フルサトノ ウマノマツリヲ テレビハミシム

『野分の章』(牧羊社 1978) p.172
【初出】 『形成』 1978.2 「無題」 (3)


03216
しどけなく 笑へる写真 幾枚も とられてゐしは 暴力に似る
シドケナク ワラヘルシャシン イクマイモ トラレテヰシハ ボウリョクニニル

『野分の章』(牧羊社 1978) p.172
【初出】 『形成』 1978.2 「無題」 (4)


03217
散らばりし 意識の跡も 敢へ無くて 昨日書きたる 文字正しゆく
チラバリシ イシキノアトモ アヘナクテ キノウカキタル モジタダシユク

『野分の章』(牧羊社 1978) p.172
【初出】 『形成』 1978.2 「無題」 (5)


03218
終りさへ すればとのみに 励む夜を くり返しつつ 年逝かむとす
オワリサヘ スレバトノミニ ハゲムヨヲ クリカエシツツ トシユカムトス

『野分の章』(牧羊社 1978) p.173
【初出】 『形成』 1978.2 「無題」 (6)


03219
裸馬の 一頭戻り くるシーン 夕焼け沙漠を 背景として
ハダカウマノ イットウモドリ クルシーン ユウヤケサバクヲ ハイケイトシテ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.173
【初出】 『形成』 1978.2 「無題」 (7)


03220
知らざりし 一面見せて ゆるやかに ベビーカーなど 押して歩むよ
シラザリシ イチメンミセテ ユルヤカニ ベビーカーナド オシテアユムヨ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.173
【初出】 『形成』 1978.2 「無題」 (8)


03221
告げざれば 思はぬことと 等しからむ 告げずに思ふ ことの殖えゆく
ツゲザレバ オモハヌコトト ヒトシカラム ツゲズニオモフ コトノフエユク

『野分の章』(牧羊社 1978) p.174
【初出】 『形成』 1978.2 「無題」 (9)


03222
外側から 変へゆくすべも あるらむか 同じ形に 髪の整ふ
ソトガワカラ カヘユクスベモ アルラムカ オナジカタチニ カミノトトノフ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.174
【初出】 『形成』 1978.2 「無題」 (10)