さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

野分の章

 
ガラス戸の       一人一人の       海に近き        一面の         
スフィンクスも     水を差す        暮れて来し       巻き尺の        
理由など        喪の服を        人さらひの       帰りたる        
ふるさとは       突き刺さる       かき立てて       逆説と         
半ばにて        地下深く        告げ得ざる       
 
 
 

03187
ガラス戸の 外は夕映え さかさまに とまれる鳥の ふと安定す
ガラスドノ ソトハユウバエ サカサマニ トマレルトリノ フトアンテイス

『野分の章』(牧羊社 1978) p.161
【初出】 『短歌』 1978.1 一匙の塩 (1)


03188
一人一人の 児の挙ぐる声 かたまりて こだまして騒音と なるまでの距離
ヒトリヒトリノ コノアグルコエ カタマリテ コダマシテソウオント ナルマデノキョリ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.161
【初出】 『短歌』 1978.1 一匙の塩 (2)


03189
海に近き 町ゆゑ雲の 美しき 空ならむビルの 上にひらけて
ウミニチカキ マチユヱクモノ ウツクシキ ソラナラムビルノ ウエニヒラケテ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.162
【初出】 『短歌』 1978.1 一匙の塩 (3)


03190
一面の 穂すすきのなか 身をくらます よろこびあらむ 子らの声する
イチメンノ ホススキノナカ ミヲクラマス ヨロコビアラム コラノコエスル

『野分の章』(牧羊社 1978) p.162
【初出】 『短歌』 1978.1 一匙の塩 (4)


03191
スフィンクスも 見てゐむ雲と 思ふまで 砂丘の上の 空の明るさ
スフィンクスモ ミテヰムクモト オモフマデ サキュウノウエノ ソラノアカルサ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.162
【初出】 『短歌』 1978.1 一匙の塩 (5)


03192
水を差す といふことのあり 幼な子の 持つ風車 回りはじめぬ
ミズヲサス トイフコトノアリ オサナゴノ モツカザグルマ マワリハジメヌ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.163
【初出】 『短歌』 1978.1 一匙の塩 (6)


03193
暮れて来し 海の上なる 空は今 ステンドグラスの 青のいろなす
クレテコシ ウミノウエナル ソラハイマ ステンドグラスノ アオノイロナス

『野分の章』(牧羊社 1978) p.163
【初出】 『短歌』 1978.1 一匙の塩 (7)


03194
巻き尺の 尾を胸に垂りて 出でて来つ いとけなき日に 見たりし少女
マキジャクノ オヲムネニタリテ イデテキツ イトケナキヒニ ミタリシオトメ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.163
【初出】 『短歌』 1978.1 一匙の塩 (8)


03195
理由など どのやうにもつくと 思へるに つたなきことを 人の言ひたり
リユウナド ドノヤウニモツクト オモヘルニ ツタナキコトヲ ヒトノイヒタリ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.164
【初出】 『短歌』 1978.1 一匙の塩 (9)


03196
喪の服を 雨に濡らして 帰り来ぬ 水を吸ひたる 絹のおもたさ
モノフクヲ アメニヌラシテ カエリキヌ ミズヲスヒタル キヌノオモタサ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.164
【初出】 『短歌』 1978.1 一匙の塩 (10)


03197
人さらひの 妖婆などにならむ 年齢を 思へりマリオ ネットを見つつ
ヒトサラヒノ ヨウバナドニナラム ネンレイヲ オモヘリマリオ ネットヲミツツ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.164
【初出】 『短歌』 1978.1 一匙の塩 (11)


03198
帰りたる 合図に鳴らす クラクション どの家と知らず 夜毎に聞きて
カエリタル アイズニナラス クラクション ドノイエトシラズ ヨゴトニキキテ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.165
【初出】 『短歌』 1978.1 一匙の塩 (12)


03199
ふるさとは 山深き町 諭されて 一匙の塩も 大切にしき
フルサトハ ヤマフカキマチ サトサレテ ヒトサジノシオモ タイセツニシキ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.165
【初出】 『短歌』 1978.1 一匙の塩 (13)


03200
突き刺さる 言葉なりしが 鳥か魚の 言ひたることと なして忘れむ
ツキササル コトバナリシガ トリカウオノ イヒタルコトト ナシテワスレム

『野分の章』(牧羊社 1978) p.165
【初出】 『短歌』 1978.1 一匙の塩 (14)


03201
かき立てて 日々いそしめば 幕明きを 待つ久しさに 家の成りゆく
カキタテテ ヒビイソシメバ マクアキヲ マツヒサシサニ イエノナリユク

『野分の章』(牧羊社 1978) p.166
【初出】 『短歌』 1978.1 一匙の塩 (15)


03202
逆説と とられしのみに 帰り来ぬ 平易に言ふを 人は好まず
ギャクセツト トラレシノミニ カエリキヌ ヘイイニイフヲ ヒトハコノマズ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.166
【初出】 『短歌』 1978.1 一匙の塩 (16)


03203
半ばにて 必ず醒めて どの木にも 登り詰めしと いふことあらず
ナカバニテ カナラズサメテ ドノキニモ ノボリツメシト イフコトアラズ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.166
【初出】 『短歌』 1978.1 一匙の塩 (17)


03204
地下深く 何祝ぎごとの あらむ日か 花サフランの 湧き出でて咲く
チカフカク ナニホギゴトノ アラムヒカ ハナサフランノ ワキイデテサク

『野分の章』(牧羊社 1978) p.167
【初出】 『短歌』 1978.1 一匙の塩 (18)


03205
告げ得ざる ことの証しに ただ白く 月のかたちを 塗り残したる
ツゲエザル コトノアカシニ タダシロク ツキノカタチヲ ヌリノコシタル

『野分の章』(牧羊社 1978) p.167
【初出】 『短歌』 1978.1 一匙の塩 (19)