さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

野分の章

 
へだたりを       をりをりに       毬藻のやうに      散弾の         
待ちあぐむ       見張られて       朝霧に         
 
 
 

03180
へだたりを 埋めゆくは瓦礫 のみならむ 風に言葉の さらはれ易し
ヘダタリヲ ウメユクハガレキ ノミナラム カゼニコトバノ サラハレヤスシ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.158
【初出】 『短歌研究』 1978.3 負ひめなるべし (1)


03181
をりをりに 人に呼ばれて 答へつつ 死者のたれにも 似ぬわが声よ
ヲリヲリニ ヒトニヨバレテ イラヘツツ シシャノタレニモ ニヌワガコエヨ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.158
【初出】 『短歌研究』 1978.3 負ひめなるべし (2)


03182
毬藻のやうに 描くを見れば 子らが見て われには見えぬ 雲にあくがる
マリモノヤウニ エガクヲミレバ コラガミテ ワレニハミエヌ クモニアクガル

『野分の章』(牧羊社 1978) p.159
【初出】 『短歌研究』 1978.3 負ひめなるべし (3)


03183
散弾の 嵐をくぐり 帰り来し 鳩かと思ふ までにきらめく
サンダンノ アラシヲクグリ カエリコシ ハトカトオモフ マデニキラメク

『野分の章』(牧羊社 1978) p.159
【初出】 『短歌研究』 1978.3 負ひめなるべし (4)


03184
待ちあぐむ かなしみのみに 過ぎ来しが 負ひめなるべし 待たるることも
マチアグム カナシミノミニ スギコシガ オヒメナルベシ マタルルコトモ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.159
【初出】 『短歌研究』 1978.3 負ひめなるべし (5)


03185
見張られて ゐたる意識の 残りつつ 何を犯しし 夢とも知れず
ミハラレテ ヰタルイシキノ ノコリツツ ナニヲオカシシ ユメトモシレズ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.160
【初出】 『短歌研究』 1978.3 負ひめなるべし (6)


03186
朝霧に ともしてバスの ゆきかへば 見失ふごとし わが顔なども
アサギリニ トモシテバスノ ユキカヘバ ミウシナフゴトシ ワガカオナドモ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.160
【初出】 『短歌研究』 1978.3 負ひめなるべし (7)