さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

野分の章

 
蜂や蛾を        ゆく末の        書かれゐし       震動の         
おもむろに       積乱雲         四トン車に       スプリンクラーの    
 
 
 

03172
蜂や蛾を 怖れつつ野の 家に棲む モノドラマもあと 三月のあひだ
ハチヤガヲ オソレツツノノ イエニスム モノドラマモアト ミツキノアヒダ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.153
【初出】 『形成』 1977.11 「無題」 (1)


03173
ゆく末の 如何になるとも 今見ゆる かの波だけは 越えねばならず
ユクスエノ イカニナルトモ イマミユル カノナミダケハ コエネバナラズ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.153
【初出】 『形成』 1977.11 「無題」 (2)


03174
書かれゐし 何の数字か 黒板を 拭き消して午後の 会議を始む
カカレヰシ ナンノスウジカ コクバンヲ フキケシテゴゴノ カイギヲハジム

『野分の章』(牧羊社 1978) p.154
【初出】 『形成』 1977.11 「無題」 (3)


03175
震動の はげしき電車 たれもみな ひびわれて立って ゐるのかも知れず
シンドウノ ハゲシキデンシャ タレモミナ ヒビワレテタッテ ヰルノカモシシレズ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.154
【初出】 『形成』 1977.11 「無題」 (4)


03176
おもむろに 心移して 生きゆかむ ゑのころぐさを 抜きつつ帰る
オモムロニ ココロウツシテ イキユカム ヱノコログサヲ ヌキツツカエル

『野分の章』(牧羊社 1978) p.154
【初出】 『形成』 1977.11 「無題」 (5)


03177
積乱雲 あはく燃えつつ 暮れむとす 窓をしむれば わが小世界
セキランウン アハクモエツツ クレムトス マドヲシムレバ ワガショウセカイ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.155
【初出】 『形成』 1977.11 「無題」 (6)


03178
四トン車に 詰めて預け来し 書物あり 如何にか積まむ 新しき家に
ヨントンシャニ ツメテアズケコシ ショモツアリ イカニカツマム アタラシキイエニ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.155
【初出】 『形成』 1977.11 「無題」 (7)


03179
スプリンクラーの 霧の高さの 整ひて 芝生に無数の 虹立ちはじむ
スプリンクラーノ キリノタカサノ トトノヒテ シバフニムスウノ ニジタチハジム

『野分の章』(牧羊社 1978) p.155
【初出】 『形成』 1976.9 「無題」 (4)