さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

野分の章

 
手を振りて       枝先の         待つことも       会ひがたき       
わが今の        雪の夜の        語りあふ        労働に         
 
 
 

03073
手を振りて 別れ来にしが 本名を 告ぐることなく ながくつきあふ
テヲフリテ ワカレキニシガ ホンミョウヲ ツグルコトナク ナガクツキアフ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.117
【初出】 『形成』 1977.5 「無題」 (1)


03074
枝先の 鵙を見をれば 意識して 危ふきことを なすかと思ふ
エダサキノ モズヲミヲレバ イシキシテ アヤフキコトヲ ナスカトオモフ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.117
【初出】 『形成』 1977.5 「無題」 (3)


03075
待つことも 仕事の一つ ビルの上に 奇形の雲の ながくとどまる
マツコトモ シゴトノヒトツ ビルノウエニ キケイノクモノ ナガクトドマル

『野分の章』(牧羊社 1978) p.118
【初出】 『形成』 1977.5 「無題」 (2)


03076
会ひがたき 人となりたり 約束の 一つをわれの 果たしし日より
アヒガタキ ヒトトナリタリ ヤクソクノ ヒトツヲワレノ ハタシシヒヨリ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.118
【初出】 『形成』 1977.5 「無題」 (7)


03077
わが今の 立場思へば 毛皮などを なべてむかれし 寒さのごとき
ワガイマノ タチバオモヘバ ケガワナドヲ ナベテムカレシ サムサノゴトキ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.118
【初出】 『形成』 1977.5 「無題」 (4)


03078
雪の夜の いづこともなく とざされて おもたき鉄の 一枚扉
ユキノヨノ イヅコトモナク トザサレテ オモタキテツノ イチマイトビラ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.119
【初出】 『形成』 1977.5 「無題」 (5)


03079
語りあふ さま座席より 仰ぐとき 牙のごときを 人間も持つ
カタリアフ サマザセキヨリ アオグトキ キバノゴトキヲ ニンゲンモモツ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.119
【初出】 『形成』 1977.5 「無題」 (6)


03080
労働に すさむは言葉 のみならず レモンの酸の 舌先に沁む
ロウドウニ スサムハコトバ ノミナラズ レモンノサンノ シタサキニシム

『野分の章』(牧羊社 1978) p.119
【初出】 『形成』 1976.9 「無題」 (1)