さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

野分の章

 
どこまでも       ボタンホール      忘れゐる        よぎらむと       
あるまじき       傾きて         朝食の         トルソーか       
もろともに       シャギーの       
 
 
 

03056
どこまでも 崩せば崩れて しまふゆゑ 寝る前の髪を きりきりと巻く
ドコマデモ クズセバクズレテ シマフユヱ ネルマエノカミヲ キリキリトマク

『野分の章』(牧羊社 1978) p.110
【初出】 『短歌研究』 1977.3 もろともに (1)


03057
ボタンホール かがりつつ思ふ 指先の 器用はたれに 似しと言はれき
ボタンホール カガリツツオモフ ユビサキノ キヨウハタレニ ニシトイハレキ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.110
【初出】 『短歌研究』 1977.3 もろともに (2)


03058
忘れゐる 幸せならむ ひとたびも 打擲といふを 受けしことなき
ワスレヰル シアワセナラム ヒトタビモ チョウチャクトイフヲ ウケシコトナキ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.111
【初出】 『短歌研究』 1977.3 もろともに (3)


03059
よぎらむと して怯みたり 駅前は 午後の濁色 濁音広場
ヨギラムト シテヒルミタリ エキマエハ ゴゴノダクショク ダクオンヒロバ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.111
【初出】 『短歌研究』 1977.3 もろともに (4)


03060
あるまじき ものと思へど 絵のなかに 空いろの大き 果実が坐る
アルマジキ モノトオモヘド エノナカニ ソライロノオオキ カジツガスワル

『野分の章』(牧羊社 1978) p.111
【初出】 『短歌研究』 1977.3 もろともに (5)


03061
傾きて ありたるバイク 直立し 少年を乗せて 忽ちに去る
カタムキテ アリタルバイク チョクリツシ ショウネンヲノセテ タチマチニサル

『野分の章』(牧羊社 1978) p.112
【初出】 『短歌研究』 1977.3 もろともに (6)


03062
朝食の デミタスカップ おもたしと 思へるひまに 遠くへだたる
チョウショクノ デミタスカップ オモタシト オモヘルヒマニ トオクヘダタル

『野分の章』(牧羊社 1978) p.112
【初出】 『短歌研究』 1977.3 もろともに (7)


03063
トルソーか 何かにひしと 阻まれて 見えざりし部分 夢と思へず
トルソーカ ナニカニヒシト ハバマレテ ミエザリシブブン ユメトオモヘズ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.112
【初出】 『短歌研究』 1977.3 もろともに (8)


03064
もろともに 束ねて燃して しまひたき 何ならむ反故を 燃しつつ思ふ
モロトモニ タバネテモシテ シマヒタキ ナニナラムホゴヲ モシツツオモフ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.113
【初出】 『短歌研究』 1977.3 もろともに (9)


03065
シャギーの 帽子かぶりて 耳が暖し 越え得しと思ふ また一つ危機
シャギーノ ボウシカブリテ ミミガアタタカシ コエエシトオモフ マタヒトツキキ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.113
【初出】 『短歌研究』 1977.3 もろともに (10)