さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

野分の章

 
コーヒーの       思はざる        おのづから       残業に         
もう一人の       身一つを        残像の         強かりし        
信号に         堰を切りて       葉がくれの       
 
 
 

03024
コーヒーの 香に立つ真昼 合歓の木の 作るやさしき 樹蔭もあらむ
コーヒーノ カニタツマヒル ネムノキノ ツクルヤサシキ コカゲモアラム

『野分の章』(牧羊社 1978) p.96
【初出】 『形成』 1976.10 「無題」 (1)


03025
思はざる 高みへ視線の ゆく日にて みづきの花の 真盛りに遇ふ
オモハザル タカミヘシセンノ ユクヒニテ ミヅキノハナノ マッサカリニアフ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.96
【初出】 『形成』 1976.10 「無題」 (2)


03026
おのづから 強制力を 持つならむ 声やはらげて 言ひても同じ
オノヅカラ キョウセイリョクヲ モツナラム コエヤハラゲテ イヒテモオナジ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.97
【初出】 『形成』 1976.6 「無題」 (2)


03027
残業に 倦める一人が 立ちゆきて 回転ドアの 光をまはす
ザンギヨウニ ウメルヒトリガ タチユキテ カイテンドアノ ヒカリヲマハス

『野分の章』(牧羊社 1978) p.97
【初出】 『形成』 1976.6 「無題」 (1)


03028
もう一人の われは冷たく 客観す しどろもどろに なりゐるわれを
モウヒトリノ ワレハツメタク キャツカンス シドロモドロニ ナリヰルワレヲ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.97
【初出】 『形成』 1976.6 「無題」 (3)


03029
身一つを 遊ばしむるに つたなくて 駅のほとりの 辛夷も終る
ミヒトツヲ アソバシムルニ ツタナクテ エキノホトリノ コブシモオワル

『野分の章』(牧羊社 1978) p.98
【初出】 『形成』 1976.6 「無題」 (4)


03030
残像の 消えがたき日か 萼のみと なれる桜を 仰ぎゆきつつ
ザンゾウノ キエガタキヒカ ガクノミト ナレルサクラヲ アオギユキツツ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.98
【初出】 『形成』 1975.11 「無題」 (3)


03031
強かりし 男の子もなべて 滅びにき 矛ふりかざし 風化石像
ツヨカリシ ヲノコモナベテ ホロビニキ ホコフリカザシ フウカセキゾウ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.98
【初出】 『形成』 1976.6 「無題」 (6)


03032
信号に 堰かれてをれば 目の前は しづく垂りつつ 待つ冷凍車
シンゴウニ セカレテヲレバ メノマエハ シヅクタリツツ マツレイトウシャ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.99
【初出】 『形成』 1976.10 「無題」 (3)


03033
堰を切りて 流れたき日か もの言はぬ ことも思はぬ 努力を要す
セキヲキリテ ナガレタキヒカ モノイハヌ コトモオモハヌ ドリョクヲヨウス

『野分の章』(牧羊社 1978) p.99
【初出】 『形成』 1976.10 「無題」 (7)


03034
葉がくれの 青木つぶら実 候鳥の 持ち来し苞の ごとく色づく
ハガクレノ アオキツブラミ コウチョウノ モチコシツトノ ゴトクイロヅク

『野分の章』(牧羊社 1978) p.99
【初出】 『形成』 1976.10 「無題」 (6)