さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

野分の章

 
巻くときの       招きたる        円なさぬ        ペプラムを       
砂山の         美しく         通貨に如かぬ      木によりて       
立ちそそる       太陽の         地上ニメートルに    果たさざる       
アルミ箔の       生き残る        人に見せて       シェパードの      
新聞を         羽根をのばす      肉親の         新しき         
 
 
 

02983
巻くときの 機械の力 一瞬に 解けて螺旋を なすカタン糸
マクトキノ キカイノチカラ イッシュンニ トケテラセンヲ ナスカタンイト

『野分の章』(牧羊社 1978) p.81
【初出】 『短歌』 1976.7 新しき塩 (1)


02984
招きたる わざはひにして 夜を渡る しぐれの音の ごとく過ぎにき
マネキタル ワザハヒニシテ ヨヲワタル シグレノオトノ ゴトクスギニキ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.81
【初出】 『短歌』 1976.7 新しき塩 (2)


02985
円なさぬ 円を描きつぐ 目の前に 開きて緊まる ガーベラの朱は
エンナサヌ エンヲカキツグ メノマエニ ヒラキテシマル ガーベラノシュハ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.82
【初出】 『短歌』 1976.7 新しき塩 (3)


02986
ペプラムを 押へつつ行き 海よりの 風に身すがら 煽られ易し
ペプラムヲ オサヘツツユキ ウミヨリノ カゼニミスガラ アオラレヤスシ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.82
【初出】 『短歌』 1976.7 新しき塩 (4)


02987
砂山の ゆふべを来れば 砂の上 まだらなる陽の 差すごとく差す
スナヤマノ ユフベヲクレバ スナノウエ マダラナルヒノ サスゴトクサス

『野分の章』(牧羊社 1978) p.82
【初出】 『短歌』 1976.7 新しき塩 (6)


02988
美しく 見ゆる位置まで 遠ざけて 波うちぎはの 露頭のごとし
ウツクシク ミユルイチマデ トオザケテ ナミウチギハノ ロトウノゴトシ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.83
【初出】 『短歌』 1976.7 新しき塩 (7)


02989
通貨に如かぬ 言葉といへり 夜の海は 白き皮膜を なしてひろがる
ツウカニシカヌ コトバトイヘリ ヨノウミハ シロキヒマクヲ ナシテヒロガル

『野分の章』(牧羊社 1978) p.83
【初出】 『短歌』 1976.7 新しき塩 (8)


02990
木によりて 異なる声を 挙げゐると 風の疎林を 抜けつつ仰ぐ
キニヨリテ コトナルコエヲ アゲヰルト カゼノソリンヲ ヌケツツアオグ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.83
【初出】 『短歌』 1976.7 新しき塩 (10)


02991
立ちそそる 太き煙突 仰ぎゐて 声出づるごとし 煙出づるは
タチソソル フトキエントツ アオギヰテ コエイヅルゴトシ ケムリイヅルハ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.84
【初出】 『短歌』 1976.7 新しき塩 (5)


02992
太陽の 国へ戻りて ゆくための 時間と思ひ 地下書庫にゐる
タイヨウノ クニヘモドリテ ユクタメノ ジカントオモヒ チカショコニヰル

『野分の章』(牧羊社 1978) p.84
【初出】 『短歌』 1976.7 新しき塩 (9)


02993
地上ニメートルに 人の溢れて ゆきかへば 上限のなき 闇のみ思ふ
チジョウニメートルニ ヒトノアフレテ ユキカヘバ ジョウゲンノナキ ヤミノミオモフ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.84
【初出】 『短歌』 1976.7 新しき塩 (16)


02994
果たさざる 約を持ちあふ へだたりに 白のつつじも 花過ぎむとす
ハタサザル ヤクヲモチアフ ヘダタリニ シロノツツジモ ハナスギムトス

『野分の章』(牧羊社 1978) p.85
【初出】 『短歌』 1976.7 新しき塩 (11)


02995
アルミ箔の 用途の一つ 銀いろの 鶴折りてわれの 声なく遊ぶ
アルミハクノ ヨウトノヒトツ ギンイロノ ツルオリテワレノ コエナクアソブ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.85
【初出】 『短歌』 1976.7 新しき塩 (13)


02996
生き残る 者のさだめに 指輪もて 傷つけし爪の 血を噴きやまず
イキノコル モノノサダメニ ユビワモテ キズツケシツメノ チヲフキヤマズ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.85
【初出】 『短歌』 1976.7 新しき塩 (14)


02997
人に見せて みづからの見ぬ 顔あらむ 洗ひし髪の 肩になだるる
ヒトニミセテ ミヅカラノミヌ カオアラム アラヒシカミノ カタニナダルル

『野分の章』(牧羊社 1978) p.86
【初出】 『短歌』 1976.7 新しき塩 (15)


02998
シェパードの 一頭も飼はば たのしきか チヤウダーは香り よく煮つまりぬ
シェパードノ イットウモカハバ タノシキカ チヤウダーハカオリ ヨクニツマリヌ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.86
【初出】 『短歌』 1976.7 新しき塩 (17)


02999
新聞を 畳まむとして 起こしたる 風に驚く 夜更けのわれは
シンブンヲ タタマムトシテ オコシタル カゼニオドロク ヨフケノワレハ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.86
【初出】 『短歌』 1976.7 新しき塩 (18)


03000
羽根をのばす といふことのあり 係累を うべなひていふ 言葉と思ふ
ハネヲノバス トイフコトノアリ ケイルイヲ ウベナヒテイフ コトバトオモフ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.87
【初出】 『短歌』 1976.7 新しき塩 (19)


03001
肉親の みな失せたれば いづこより 来りしわれの いづこまで行く
ニクシンノ ミナウセタレバ イヅコヨリ キタリシワレノ イヅコマデユク

『野分の章』(牧羊社 1978) p.87
【初出】 『短歌』 1976.7 新しき塩 (20)


03002
新しき 塩を掬ふべき 手と思ふ ほとばしる水に 打たせつつゐて
アタラシキ シオヲスクフベキ テトオモフ ホトバシルミズニ ウタセツツヰテ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.87
【初出】 『短歌』 1976.7 新しき塩 (21)