さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

野分の章

 
表皮より        働くことは       鳴り出づる       真っすぐに       
五階より        働きて         権力に         はればれと       
洗車場より       帰り来て        食べよとも       
 
 
 

02958
表皮より 剥きつつ使ふ 幾朝も キャベツの軽く なるにもあらず
ヒョウヒヨリ ムキツツツカフ イクアサモ キャベツノカルク ナルニモアラズ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.72
【初出】 『形成』 1976.2 「無題」 (1)


02959
働くことは 縛むること 煩悩の 人より濃ゆき わがあけくれに
ハタラクコトハ イマシムルコト ボンノウノ ヒトヨリコユキ ワガアケクレニ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.72
【初出】 『形成』 1976.4 「無題」 (1)


02960
鳴り出づる チャイムを待ちて ゐるわれか 稀の家居に 水使ひつつ
ナリイヅル チャイムヲマチテ ヰルワレカ マレノイエイニ ミズツカヒツツ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.73
【初出】 『形成』 1976.2 「無題」 (2)


02961
真っすぐに 立つといふこの さびしさよ 花の終れる 向日葵の茎
マッスグニ タツトイフコノ サビシサヨ ハナノオワレル ヒマワリノクキ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.73
【初出】 『形成』 1976.2 「無題」 (3)


02962
五階より 見おろす夜明け 街灯は うすらみどりに なりて消えたる
ゴカイヨリ ミオロスヨアケ ガイトウハ ウスラミドリニ ナリテキエタル

『野分の章』(牧羊社 1978) p.73
【初出】 『形成』 1976.2 「無題」 (4)


02963
働きて 互みに経たる 十年に 美しかりし タイピストも老いぬ
ハタラキテ カタミニヘタル ジュウネンニ ウツクシカリシ タイピストモオイヌ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.74
【初出】 『形成』 1976.2 「無題」 (5)


02964
権力に 屈するごとく 屈するを 病のゆゑと いへどさびしむ
ケンリョクニ クッスルゴトク クッスルヲ ヤマイノユヱト イヘドサビシム

『野分の章』(牧羊社 1978) p.74
【初出】 『形成』 1976.4 「無題」 (3)


02965
はればれと 歩むならねば 午後三時 ビルのあはひの くらがりもよし
ハレバレト アユムナラネバ ゴゴサンジ ビルノアハヒノ クラガリモヨシ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.74
【初出】 『形成』 1976.4 「無題」 (4)


02966
洗車場より 出づる車に 心まで 清めしごとき 助手席の顔
センシャジョウヨリ イヅルクルマニ ココロマデ キヨメシゴトキ ジョシュセキノカオ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.75
【初出】 『形成』 1976.2 「無題」 (6)


02967
帰り来て 帽子をぬげば 絵に見たる 原人もわれの 顔もかはらぬ
カエリキテ ボウシヲヌゲバ エニミタル ゲンジンモワレノ カオモカハラヌ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.75
【初出】 『形成』 1976.2 「無題」 (7)


02968
食べよとも 寝よともたれも 言はざれば 目をしばたたく 夜の明け近く
タベヨトモ ネヨトモタレモ イハザレバ メヲシバタタク ヨノアケチカク

『野分の章』(牧羊社 1978) p.75
【初出】 『形成』 1976.4 「無題」 (7)