さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

野分の章

 
水の音に        何に触るるか      過ぎにしは       台風の         
荷の幾つ        降り出づる       星屑の         
 
 
 

02864
水の音に 消されて何も 言へざりき 言へざりしことも よろこびに似る
ミズノオトニ ケサレテナニモ イヘザリキ イヘザリシコトモ ヨロコビニニル

『野分の章』(牧羊社 1978) p.37
【初出】 『短歌公論』 1975.8 夏の落ち葉 (2)


02865
何に触るるか 不吉なこの手 マニキュアの 乾くまで見て 手袋を嵌む
ナンニフルルカ フキツナコノテ マニキュアノ カワクマデミテ テブクロヲハム

『野分の章』(牧羊社 1978) p.37
【初出】 『短歌公論』 1975.8 夏の落ち葉 (1)


02866
過ぎにしは なべて夢とよ 花咲ける 萩の茂みに 道を塞がる
スギニシハ ナベテユメトヨ ハナサケル ハギノシゲミニ ミチヲフサガル

『野分の章』(牧羊社 1978) p.38
【初出】 『形成』 1976.10 「無題」 (5)


02867
台風の 惨を伝へて 厚板の 如く流るる 水とし言へり
タイフウノ サンヲツタヘテ アツイタノ ゴトクナガルル ミズトシイヘリ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.38
【初出】 『形成』 1976.10 「無題」 (4)


02868
荷の幾つ 殖やししのみに 帰り来ぬ 夏の落ち葉の まばらを踏みて
ニノイクツ フヤシシノミニ カエリキヌ ナツノオチバノ マバラヲフミテ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.38
【初出】 『短歌公論』 1975.8 夏の落ち葉 (3)


02869
降り出づる また雨の音 時かけて 髪梳くことも 濃き思ひゆゑ
フリイヅル マタアメノオト トキカケテ カミスクコトモ コキオモヒユヱ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.39
【初出】 『短歌公論』 1975.8 夏の落ち葉 (4)


02870
星屑の ただ湧くばかり 目を閉ぢて 作れる闇を 押しひろげつつ
ホシクズノ タダワクバカリ メヲトヂテ ツクレルヤミヲ オシヒロゲツツ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.39
【初出】 『短歌公論』 1975.8 夏の落ち葉 (5)