さいたま市立大宮図書館/おおみやデジタル文学館 ―歌人・大西民子―

全短歌(10824首)

全短歌(歌集等)

野分の章

 
帰るべき        反応を         夜のバスに       もう何も        
選り分けて       握力の         絵蠟燭も        われを吊る       
絨緞に         
 
 
 

02841
帰るべき 家を互に 持つことも 救ひのごとし 暮れゆく道に
カエルベキ イエヲカタミニ モツコトモ スクヒノゴトシ クレユクミチニ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.28
【初出】 『短歌研究』 1975.3 何のはずみに (1)


02842
反応を ためしをはれば 用無くて 帰り来りぬ 一直線に
ハンノウヲ タメシヲハレバ ヨウナクテ カエリキタリヌ イッチョクセンニ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.28
【初出】 『短歌研究』 1975.3 何のはずみに (2)


02843
夜のバスに ゆさぶられ来て 坐るとき 身に戻りゐる 自意識一個
ヨノバスニ ユサブラレキテ スワルトキ ミニモドリヰル ジイシキイッコ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.29
【初出】 『短歌研究』 1975.3 何のはずみに (3)


02844
もう何も 見えぬ位置まで へだたりて 敵意のごとし 残る思ひは
モウナニモ ミエヌイチマデ ヘダタリテ テキイノゴトシ ノコルオモヒハ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.29
【初出】 『短歌研究』 1975.3 何のはずみに (4)


02845
選り分けて また活くる花 捨つる花 鉄砲百合は いまだひらかぬ
ヨリワケテ マタイクルハナ スツルハナ テッポウユリハ イマダヒラカヌ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.29
【初出】 『短歌研究』 1975.3 何のはずみに (5)


02846
握力の にぶくなりつつ 起きゐるに 指にレモンの 香がよみがへる
アクリョクノ ニブクナリツツ オキヰルニ ユビニレモンノ カガヨミガヘル

『野分の章』(牧羊社 1978) p.30
【初出】 『短歌研究』 1975.3 何のはずみに (7)


02847
絵蠟燭も 燃え尽きしいま 春の夜の 闇より深し わが持つ闇は
エロウソクモ モエツキシイマ ハルノヨノ ヤミヨリフカシ ワガモツヤミハ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.30
【初出】 『短歌研究』 1975.3 何のはずみに (8)


02848
われを吊る 無数の糸も 光り出す 飽かず糸吐く 虫を見をれば
ワレヲツル ムスウノイトモ ヒカリダス アカズイトハク ムシヲミヲレバ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.30
【初出】 『短歌研究』 1975.3 何のはずみに (9)


02849
絨緞に 鋲のひそめる ごとき日よ こころさわだつ いづこ行きても
ジュウタンニ ビョウノヒソメル ゴトキヒヨ ココロサワダツ イヅコユキテモ

『野分の章』(牧羊社 1978) p.31
【初出】 『短歌研究』 1975.3 何のはずみに (10)